Home Tranportation 3929 世界で最も燃料効率の良い5つの航空会社

3929 世界で最も燃料効率の良い5つの航空会社

by admin

Fuel efficient Airlines

道路交通と同様、空の交通も日を追うごとに急速に増加しています。 航空機の二酸化炭素排出量は既に上空を汚染しています。 このままこのような事が続けば、将来は危険なレベルに達するのは間違いありません。 航空機を駆動する為のクリーンなテクノロジーを使用する方法を探し、煙を吐き出すエンジンを、燃料効率の良いエンジンと取り換える事が必須です。 燃費については既に、航空会社の大きな問題となっていて、これも同様に、競い合う問題の一つと言えるでしょう。

世界で最も燃料効率の良い、5つの航空会社が下にあります。

1.アメリカン航空

American Airlines

2010年新しいボーイング737がアメリカンエアラインに加わり、以前使用していた航空機と比較すると、35%燃料効率が改善されています。 アメリカンエアラインは、過去数年様々な持続可能な手段を採用し、年間ジェット燃料を、46億7千リットル節減する事に成功しています。 航空会社の生産会社AMRは、温室効果ガス排出量を2009年と比較して、2010年は5%まで削減しました。 AMRは「ウィングレット」を767-300に設置し、空気力学的効率の改善を助けています。 食品や飲用水の、飛行機への搭載量を削減する取り組みも行われています。 アメリカンエアラインは照明システムも、効果的な蛍光灯技術やLED照明と取り換えています。 2010年アメリカンエアラインは、3265トンの電子廃棄物をリサイクルしています。

2.バージン・アトランティック

Virgin Atlantic

バージン・アトランティックは燃料効率の良い飛行機を市場に出す準備が整っています。 1座席に付き燃料使用を15%削減できると期待されています。 A330は「ビューティークイーン」と名付けられていて、飛行可能距離の長いツインエンジンを使用し、この種では最も優れたものです。 使われている新しいエンジンは、二酸化炭素排出量も削減します。 バージンの最初のA330二機は、59席のプレミアムエコノミーと255席のエコノミーがあり、残りのA330-300は上級クラスと、プレミアムエコノミー、エコノミーがあります。 エンタテイメントにも気を配り、パナソニック・イン・フライト・エンタテイメント・システムが搭載され、最新のタッチ技術で乗客は、300時間システムをスクロールする事ができます。 飛行機はインターネット設備も提供され、乗客はブラックベリー、他の携帯電話で、Eメールを受信する事ができます。

3.サウスウエスト航空

Southwest Airlines

サウスウエスト・エアラインは、53億リットルの燃料を削減を計画していて、新しい着陸手順と他の手段を実行する事で、二酸化炭素排出量1400万トンを2018年までに削減する予定です。 連邦航空局は航空交通管制を更新する計画で、フライトの遅れとコストを削減します。 サウスウエスト・エアラインは、必要なナビゲーション・パフォーマンス(RNP)と名付けられた取り組みを行っていて、それにしたがって、パイロットはグローバル・ポジショニング・システムを使用し、デザインされた着陸パターンに従う事になっています。 この取り組みは年間1600万ドルの節減が期待されていて、フライト・ディスプレイ・ソフトを修正する事で、全てのサウスウエスト空港で実行されています。 この新しい手順の実現は、バーミンガム、ボイス、シカゴミッドウェイ、ロスアンゼルス、オークランド、オクラホマ市の空港から始まります。

4.デルタ航空

Delta airline

デルタ航空は、新しい燃料効率の良い737-900ER航空機をボーイング社から購入し、古い航空機と入れ替えました。 新しい航空機は85億ドル近くで、ボーイング757、767、A320sの代わりになります。 新しい航空機はボーイング・スカイ・インテリアを装備していて、飛行機を広々と見せています。 また、優れた構造と客室の照明システムで、快適性を向上させています。 それらは周囲の雰囲気を乗客に提供するだけでなく、燃料効率と信頼性も高めています。

5.コンチネンタル航空

Continental airlines

温室効果ガス排出量の削減の必要性を認識し、コンチネンタル航空は、客室の排出量を最小限に抑える、様々な手段を組み込む計画をしています。 燃料効率の良い300機の航空機とその装備を取得して、コンチネンタル航空は、燃料消費と温室効果ガス排出量を、38%削減する事に成功しました。 コンチネンタル航空は、アメリカで最も燃料効果の良い主要な航空会社となりました。 彼等は航空機のエンジンを、燃料消費が少なく、二酸化炭素の放出を抑える、ツインエンジンと置き換えました。 高度な技術エアロブレードやウィングレットを搭載し、持続可能なバイオ燃料の使用、プログラムのリサイクル、航空機の重量を低減する等、幾つかの手段を取っています。 これがコンチネンタル航空を世界で最も優れた、環境に優しい航空会社の一つにさせています。

Via: Wsj

Today's Top Articles:

You may also like