Home Renewable Energy @ja 木から電気が取れるとは

木から電気が取れるとは

by admin

現状

マサチューセッツにある電力素材メーカー、マグキャップエンジニア社は新しい生物エネルギーの収集法の完成に近づいています。同社はすでに生きている木から電力を取り出す方法を発見しており、次世代の再生電力として期待がされています。この発見は各方面から興味を得ており、具体的には枝にワイヤつきの釘を打ち込んで地面にコンダクタを差し込むのです。ごくごくわずかですがこうして電流を取り出すことが出来、ここから膨らませて将来的にはグリーンエネルギーとして利用しようというものなのです。

トレンド

1.科学者:木から電気

マサチューセッツ工科大学の研究に触発され、ワシントン大学の研究チームは木から電流を取り出すことに成功しました。容量は本当に微々たる物ですので、電子機器を動かすまでには至りませんがこれのもつ可能性は無視できません。科学者グループはこの電量でもワイヤレスセンサーは動かすことが出来るという点に興味を示しています。このセンサーは例えばエコロジカル状況を感知したり、山火事のセンサーや木の生育状況を判断するのに使用できます。

ワシントン大学の研究チームが作り出した道具は電気変換機を改造したもので少量の電力を発生させられます。木から最大どれだけの電力が取れるのかは更なる研究が待たれるところです。

2.マサチューセッツ工科大学が証明

木から電気が取れるというのはマサチューセッツ工科大学チームが証明してくれています。彼らによると、微量の電気はPHレベルが土と木の間で差が出るために起こるというのです。これはプラチナ電極とインドア植物を用いた実験で証明されました。

この発見によって、木の健康状態を知ることが出来ます。例えば山火事の兆候や病気の前触れがあるときにアラームを鳴らすことが出来るのです。このほかにも実践的な使い方としてはまるで検疫のような役割も果たすのです。つまり放射線量の強いものが隠し運ばれる時にも反応します。これは微量の電気でも十分温度・湿度センサーを動かしてワイヤレスで情報を送ることができるからこそ可能なのです。

コンセプト

木から電気を取り出そうとするこの試みはまさに画期的です。電圧は大変小さいですが使い方次第ではかなり有効です。すでに木から取れる電気のみで電気回路を稼動させられており、この件に関してはこれからも更なる議論と研究がなされていくことでしょう。この研究についてはナノテクノロジー専門機関誌で発表され、現在は木からの電気を使った森林用センサーの開発に力が注がれています。

想像するだけなら可能性は無限大ですから、いつか木から携帯電話などを充電できる日が来るかもしれません。しかし現実的には電力が到底少なくて実現はほぼ不可能ですが。

メリット

今回の発見については実用性という点で様々な議論を呼びそうです。研究者グループははっきりとこれはジャガイモやレモンから取れる電力の種類ではなく、異なる金属同士の反応で電気が出来るのではなく同じ素材の金属を使用している点を強調しています。

情報ではマグキャップ社はオランダの投資家と手を組んで特許の取得に動いています。さらに生成電圧もなんとか12Vまで上げようとしています。これが成功した際には化石燃料の代替エネルギーとして利用されることも夢ではありません。

木から電気が取れるということを深く掘り下げることで電池の充電などにも応用できるかもしれません。木電気はクリーンで簡単に手に入るのでたくさんの追加研究が行われています。

インパクト

木の電気の発見は地球環境問題に大きな影響をもたらします。木の乱伐は温暖化を招き世界でも大問題となっています。さらに温暖化ガスによっても気温が上昇していますから、木を切らずに置くことでこれらの悪影響を断ち切ることが出来るのです。エコのバランスを整えるにはどんどん木を植えて行くことが一番なのです。

今回の発見を期に多くの人が木の植樹に目を向けてくれるように願います。それによって地球環境を守り、研究結果次第では木の電気を新しいカタチで使用することでこれまでのようなエネルギーでなく汚染を起こさないエネルギーの利用で地球をよりグリーンにすることが出来るのです。

Today's Top Articles:

You may also like