Home [email protected] 濡れたゴミにevaシュレッダー:シュレッダーのグリーンなアプローチ

濡れたゴミにevaシュレッダー:シュレッダーのグリーンなアプローチ

by admin

伝統的な慣習を変更し、環境に優しくする必要のある取り組みがあります。一つのステップが、Vishal Agale氏が設計した、その他の家電の水準に匹敵する、より新しくグリーンなシンクシュレッダーです。Vishal氏は、湿ったゴミ用エコフレンドリーなシュレッダー「eva」を発明しました。これはシンク下で生ごみをシュレッドして排水して温室効果ガスを削減します。「eva」のデザインは地球温暖化を食い止めます。

Eva Wet Waste Shreder Concept

この新製品は、家庭の生ごみの排気をしやすくし、バイオガス製造の原材料としてゴミを処理しバイオガス工場の役割を果たします。シュレッダーは、他のシュレッダーと同じようにシンクの下に固定します。普通のシュレッダーと違うところは、evaは水の取り込み口があり、それをつたって余分な水が既存の触れた廃棄物に加えられるところです。シュレッダーの工程中懸濁液の粘度を保つために必要です。このシュレッドされた懸濁液は、バイオガスの製造に直接使えます。シュレッドが行われる間、給水栓を開けておく必要があります。その他、水は懸濁液を作るために必要に応じて手動でも加えることができます。

evaのシュレッドされた懸濁液は出口から排水管に流れ、製造されたバイオガスはエネルギーが必要な様々な家電に使うことができます。従って、このグリーンな家電は、水気のあるゴミをシュレッドする場合につきものの問題に対して、クリエイティブでエコフレンドリーなソリューションです。さらにevaはそのままでもスタイリッシュで周りを美しくします。このような製品は、家庭用だけでなく、将来はより高いレベルの産業ごみ処理ソリューションの開発をインスパイヤする、強力な設計コンセプトになる可能性があります。

出典:Behance

Today's Top Articles:

You may also like