Home Food @ja 2013年の食のトレンド

2013年の食のトレンド

by Ecofriend1874

2013年、ヘルシーでエコな食のトレンド

未来の食材の製造・広告そして消費のトレンドは毎年変わり、生産者の顔が見えて廃棄の少ない、健康に良いかどうかなどが関わってきます。業界の専門家は2012年に起きたひどい干ばつの影響で食品の値段が上がることを予想しており、消費者側としては余計な無駄を減らして賢い買い物をすることが求められてきます。

無駄な消費を減らす

国家資源防衛審議会によると、毎月40%の食料が食べられずに捨てられているということです。また専門機関によるアンケートによると、39%のアメリカ国民が食べ物を無駄にしている気がしていると答えています。リサイクルをしていないということに関してはこの倍の数値になります。このようなことから、食料は各段階で無駄にされていることが多く、大企業は最新技術を用いて効率を上げつつ無駄を無くすように努力しています。

2012年に行われた無駄を無くすプロジェクトのうちで最も優れていたうちの2つはハーフシースとシアンズ・プランです。後者は食事の計画を、そして前者はレストランで食事をするとき一部のコストをチャリティーに寄付するシステムです。食品のコストが上がっていることと消費者側、メーカー、そしてレストランの節約という観点で、このトレンドは2013年には技術の開発をして食べ物の無駄を無くすように進化していくことになります。

食物:健康と病気

研究によるとベビー・ブーム世代にとっては食事の傾向と栄養を考えることが一番の大事な点です。なるべく若々しさを保とうと抗酸化剤を摂取したりしています。この世代は2015年までに消費者が食物を購入する総額の半分を占めるようになり、心臓に優しくサーモンのように脂分の高い魚に含まれる抗酸化剤や、緑茶やスイートポテト、ベリー類、ポップコーンなどが人気を占めるようになります。

この傾向はアメリカ国民の大人の三分の二、子供の三分の一が肥満体質であることを考えると、大変歓迎されることになります。薬品評議会が提出したレポートでは、肥満関連の病気の治療費は毎年$1900億にものぼり、肥満の影響で各産業に$430億の被害が出ているということです。このようなわけで健康食の需要が高まり、これを助けるいくつかのプロジェクトも開始されています。最近新聞紙面をにぎわした企業としてはイータリー、ニュートリティオニックス、そしてマヤフード・オアシスです。

経済に与える影響

2013年のトレンドとしては食料供給システムに大きな変化が訪れ、肉メインからナッツ・バターやタマゴ、豆、豆腐などに人気が移ることになります。プロテインを多くとって野菜をメインにするようになるのです。一般技術の向上も肉の消費を減らすことに大きく貢献しそうです。

Today's Top Articles:

You may also like