Home Geen Tips @ja グリーンパッケージ

グリーンパッケージ

by Ecofriend1874

継続使用性・グリーンパッケージの人気

企業に対するグリーン包装の必要は高まる一方ですが、ただ単に継続使用性の包装を使えばいいというわけではなく、コストパフォーマンスや機能性など環境と人類両方にとって長期的な視点で有益でなくてはいけないのです。例えば生物分解可能プラスチックはこれにあてはまりません。世界中に広まっていますが製作料が高いのが難点なのです。通常プラスチックの数倍もする値段ではとても実用的とは言えません。

買い物時の注意

リサイクル素材で出来ている製品を買うときは、実際に何%のリサイクル素材を使用しているのか注意を払う必要があります。リサイクル段ボールはいい例で、もし80%のリサイクル素材使用であれば残り20%は新パルプの使用で強度が保障されることになります。しかし40%であれば、それはグリーン製品とは言えません。

もしリサイクル素材率80%であれば、長期的視野での環境汚染の可能性は拭いきれません。スピードは遅くすることは出来ますが、一番いいのは継続使用式森林で取れた木を使うなどすることが必須です。リサイクル率100%を目指すのであれば継続使用性素材の使用が必要です。しかし実現にはまだ時間がかかりますが、少なくともダメージを和らげることは出来るのです。

リサイクル過程を向上する

リサイクル過程の質を向上させてなるべく多くの包装・梱包がリサイクル素材でまかなわれるようにすることが求められます。ただ割合が少なければ本当に意味がありません。リサイクルロゴを印刷するなどして呼びかけを徹底することが必要です。政府が絡んでくればなおさら効果的でしょう。

継続使用的包装の多様化

近代エコロジカル化の動きは企業側の意識の変化によるエコ製品による製造・貯蔵・発送などの対応により高まっています。一方でエコ製品製造元は増え続ける需要にこたえるべく新しいカタチのリサイクルパッケージを開発しています。

人気があるのは生物分解可能紙です。カスタムメードも可能な上カーボンフットプリントも減らせます。これは生物分解することで土に返して堆肥として使用できるのです。つまり余分なエネルギーを加えずに自然に返すことが出来るのです。このほかにもリサイクルアルミニウムやガラスも環境保全用として人気です。

Today's Top Articles:

You may also like