Home [email protected] @ja 電力の無駄を無くす、ベルキン(Belkin)の節電プラグ

電力の無駄を無くす、ベルキン(Belkin)の節電プラグ

by admin

私達の家にある家電製品の多くは、電源を切った後も電力を使用し続けています。この電力は待機電力と呼ばれ、一般家庭の消費電力の最大5%を占めます。この待機電力は、家電のプラグをコンセントから抜くことで避けることができます。しかし、つい面倒で、コンセントにプラグを差し込んだままにしがちです。ベルキンの節電プラグなら効果的に待機電力消費を無くします。このプラグには、タイマーが内蔵されているので、電化製品のプラグをコンセントから抜かずに、待機電力を回避できます。3つのタイマー設定は、30分、3時間、6時間となっていて、スライドボタンで選択し、緑のLED表示でタイマーがオンになっていることを示します。

Conserve Energy with the Flip of a Switch

家電製品で、スタンドバイ・パワー・モードや時間やタイマーが表示してあるものは、全て待機電力を消費しています。消費される電力はわずか数ワットかもしれません。ベルキンのプラグは、一つ$6.99かかりますので、消費電力の削減が重要である場合にのみ使用するのが良いでしょう。

ベルキン節電プラグの第一候補は、自宅のコンピューターシステムです。デスクトップを使用する場合、特にモニターとプリンターからの電力消費は待機モードでさえ最高30から40ワットも加算します。スリープモードでコンピューターを残したいかもしれませんが、モニターとプリンターをオフにすると電力を節約します。省エネになりますし、短絡(ショート回路)や火事に対しても予防策になります。これらの機器の設定を30分に設定することができます。コンピューターの使用時間が長くなる場合でも、ベルキンのスイッチを再起動することができますし、時間セッティングを調節することもできます。電子レンジ、皿洗い機、また乾燥機なども使用時間が短い割に、常にプラグを差し込んだままにしている典型的な家電製品です。

主要な電力の節約は、温水器などの電力が集中する機器でしょう。水温がセッティング温度の5~7度低くなると自動的にスイッチが入り、内蔵されている温度計により制御されています。温水の使用時間が朝と夕方の時間帯に特定している場合でも、この温水器は一日中設定された温度を保っています。ベルキンのスイッチを3時間設定で使用すると、一日を通してエネルギーを節約します。30分の設定では、冷たい水を加熱するのには短時間すぎるでしょう。典型的な家では、通常2つ以上の浴室に、2つ以上の温水器が設置されていますが、べルキンのスイッチを浴室の照明スイッチの近くに配置するのが望ましいでしょう。

べルキンプラグの革新的な使用法は、十代の子供達のゲーム機の使用時間を制限することです。

ベルキンは、ロサンジェルスに本社を置く従業員千人の十億ドル企業です。照明、電力供給、コンピューターなどのアクセサリー類を広範囲に製造しています。そしてその商品は、電気・電子機器の小売業者を通して、また通信販売のウェブサイトでも入手可能です。

jetsongreenより

Today's Top Articles:

You may also like