Home 車、乗り物@日本語 @ja 次世代の路面電車:メルバ路面電車

次世代の路面電車:メルバ路面電車

by admin

メルバ路面電車は、現代の典型的なWクラス路面電車に替わる次世代路面電車です。この電車は、コバルト・ニッチ氏によって設計されました。メルボルンの路面電車は、シドニーのオペラハウスと同じくらい有名です。しかし、電車はデザイン的というよりは合理的にモデル化される傾向にあります。同様な路面電車が、ブダペストやアムステルダム、ウィーンのような多くの場所で見ることができます。それにもかかわらず、コバルト・ニッチ氏は、メルボルンの路面電車のサイズが大きいため、新しい路面電車は実用的かつユニークでなければならない、と考えました。このアプローチでは、経済的効果も期待できます。原型のWクラスの路面電車は1970年代から段階的に廃止されましたが、その一部は今日まだ機能していて、このモデルは世界中の博物館に展示されています。

Melba Tram

目的:

a. この主な目的は、政府や産業、そして市民がメルボルンの次世代の電車についての考えを確かめることです。

b. もう一つの目的は、デザインのコンセプトとしての文化的な考えやロジスティクス、そして技術を調査することです。

デザイン:

オリジナルはレトロ・ファッション設計ですが、2011年モデルはそれとはまったく異なります。その狙いは、初期のパターン、すなわち1923年モデルを2011年の最新モデルとして新しく路面電車を開発することでした。初期型のように、最新のテクノロジーと快適さ、安全性を取り入れて、この新しい路面電車は設計されています。現代の公共交通機関機能として、身障者のために床を低くし、歩行者の安全性を考えて視界を高くし、そして低電力のLEDライトなどが使われます。車色は、初期型と同様の緑と黒色を主体として、ちょっとだけ現代風にアレンジされた銀色が採用されます。プロトタイプの開発期間は3週です。

コバルト・ニッチ氏の作業:

主に全製品を計画して、キックスタートするためのプロジェクトに関連する作業が含まれています。具体的内容としては、アニメーションやCGレンダリングによる工業デザインなどです。

最終的な結果:

メルバ2011は3つのサイドライトと正面の円形のランプ、そして路線番号飾り額があります。オリジナルと比較すると、メルバ2011は、障害のある乗客が便利に利用できるように床が低くなっています。プロジェクトは優れたチーム構成と訓練演習がベースとなっていることが証明されました。アイデアの概念化からモデル化する準備期間は、3週間を予定しています。

Via: Cobaltniche

Today's Top Articles:

You may also like