Home Solar Power @ja LAは屋根を太陽発電所にして5.5GWの電力生産を可能にする

LAは屋根を太陽発電所にして5.5GWの電力生産を可能にする

by admin

太陽エネルギーを生産する最も簡単に方法の一つが、世界中の屋根をソーラーパネルを敷き込んだユニットに変える事だと繰り返し聞かされてきました。この単純なアイデアは、このプロジェクトのために用地を更地にしたり新しいスペースを作る必要がないという事実に基づいています。しなければならないのは既存の建物の屋根にソーラーパネルを置けばいいだけです。ロサンゼルス市はかなり真剣にこの努力をしているようで、市はビジネスビルや集合住宅や戸建ての屋根を一つの大きなソーラーファームに変えようと意欲的な計画を明らかにしています。

More Than 12,000 Acres Atop LA City Rooftops Provide Huge Opportunity For Solar Development

全部まとめて、ソーラー屋根になりうる建物の全てを足すと約1470坪もの表面積になります。もしこの全てが太陽光を有効に取り込む事が出来る太陽電池パネルで覆われたなら、ロスアンゼルスは排出ガスのない5.5ギガワットのクリーンエネルギーを産出する事が出来ます。ロサンゼルス市水道電力局(LADWP)は 太陽屋根計画の固定価格買取り制度(Feed in Tariff (FiT)を発足させましたが、次の3年で150メガワット2020までに約600メガワットを生み出す太陽屋根の建設を目指しています。

この計画は『クリーンLAソーラー』と呼ばれロスアンゼルスの代替エネルギー生産のゴールを達成させようととする試みで、従来の送電網への依存を減らします。この固定買い取り制度FiT計画の元ソーラー屋根を選択した人々は、自分の太陽設備から生産された電力を市の水道電力局(LADWP)に売る事が出来ます。このアイデアは環境保護しようとしている多くの個人や企業を奨励し、太陽電力に転換する後押しとなる協力的な団体施設を提供します。

The idea is to encourage more individuals and enterprises in their attempt to go green and to offer a supportive infrastructure that will help them in turning toward solar power.

Via: PRニュースワイア

Today's Top Articles:

You may also like