明日のグリーン・シティーのシングル・シート車両Solo

Soloは名前が示す通り、未来の一人乗りの自動車です。この環境にやさしいコンセプトカーは、電力とガソリンで動く新しいハイブリッド車です。自動車業界や航空業界、合成材料産業から、最高水準を結集して作られました。

SOLO

「Solo」は、燃料効率100mpgで、ファイバーグラス・グライダーに似たなめらかな空気力学的なデザインです。この一人乗りの自動車は、腐食することのない複合材料ユニットのガラスやカーボン、アラミド・ファイバーなどからできているので耐久性があり、従来の小型車と同様に運転手の安全性を確保しています。先進の事故エネルギー管理技術、最新の航空機施工方法、そして独特の停止ジオメトリーの知的なコンビネーションが、この自動車をいかなる状況の道にも適応させることができます。

腐食することのない複合材料は、半永久的に使用することができるので、廃棄物が出ないこの自動車はとても環境にやさしいことになります。消耗した部品は交換してリサイクルするだけで、車は新品同様の状態に戻ります。電池を原動力とするか、複合型IC/電気を原動力とするかを調節することができる再構成も環境にやさしい機能です。ガラスのカバーは運転手のヘルメットを補い、悪天候からも保護してくれることに加えて、高性能空気調節エアコンディショニング機能があります。

「ソロ」は自動車工場ユニットだけではなく、遠隔地で組み立てることができます。フルコンテナ制になったキットは、簡単にアクセスすることできて、遠隔地へ最終アセンブリのために輸送することができます。この未来型の超軽量のSolo UCVは、グリーン志向の一人乗り自動車なので、一般的な自動車の問題のいくつかを解決することができ、海国産の原油への依存を減らすことができます。

 

Via: Tech Briefs

Today's Top Articles:

Scroll to Top