Home Renewable Energy @ja 従来のエネルギー源を超えて、将来に必要なエネルギーを採取する

従来のエネルギー源を超えて、将来に必要なエネルギーを採取する

by admin

今日の再生可能エネルギー

再生可能エネルギーについては、この持続可能な領域では貪欲に明らかに急速なペースで進化しています。 確実な数字を基に何かが分かるのであれば、世界のエネルギー全消費量の16%は完全な再生可能資源から来ている物です。 この点で、電力生産が、四半期のエネルギー利用の基準となっていることが分かります。 そして再生可能エネルギー資源は実際に電力部門でのポイントが高く、全世界のエネルギー出力の19%に達します。 実際の所、2010-2011年の世界原子力産業現況報告によると、再生可能資源の総電力容量(381ギガワット時)は2011年度の世界の原子力発電(375ギガワット時)に追いついています。

風力発電はこれらの驚くべき数値の陰で、過去10年間において、30倍以上増加し(現在381ギガワット中198ギガワットの容量です)真の原動力となっています。 そして、実用的な装置の大半である太陽電力は、この30-50年間で従来の資源を上回るシェアを持つと、エネルギー監視者が強調するように、将来大きな可能性を秘めているとみられています。

Energy harvesting

需要

統計的観点から、近い将来、再生エネルギー資源が確実に重要(と影響)になる事を理解することが出来ます。 これは将来、世界的なエネルギー需要が重要なポイントになる事を示しています。 また数値に戻りますが、風力発電は2009年に(どの時期でも)大きく成長を遂げています。 しかし先に述べたように、永続的に環境に良い太陽エネルギーが有望な提案を示しています。 過去5年間で60%を超える伸びを見せていて、送電線に接続される太陽電力は、全ての再生可能テクノロジーのなかで最も急速に増加しています。二酸化炭素ゼロ排出技術は大きな進歩を遂げ、エネルギー生産の領域において、再生可能資源が次の大きな分野になる、と論理的に結論付けることが出来ます。 実際に、アナリストは既に、2050年までに再生可能資源が世界の電力出力の77%もの大きなシェアを占めると予測しています。

自由な採取方法への動き

今では、持続可能性の鐘はあちこちで鳴っていて、実用的なシステムを持つ、風や太陽やバイオガスなど「主な」再生可能資源だけではありません。 大量生産の視野を超えて、奇妙ではありますが、小さな規模で消費者にもたらす可能性のある、革新的なコンセプトが幾つかあります。 社会的な需要(全送電線への電力の生産のような)とは対照的に、個人のニーズに応えるような(モバイル電子機器等)物があります。 それらの幾つかを見て行きましょう。

次に来るもの

1. 靴の電力

Shoe Power

設計者: トム・クラプキンとアシュレイ・テイラー

製品

私達は幸せな事実に気付いていないかもしれませんが、歩いている時に足から(熱の形態で)かなりの量のエネルギーを放出しています。 これに関連して、2人の工学研究者、トム・クラプキンとアシュレイ・テイラーが、機械的な足の運びによって生み出されるエネルギーを収集する能力を持つ、「靴中システム」を巧みに考案しました。 身に着けるこのシステムは、マイクロ流体装置によって機械的熱エネルギーを電力に変換することを伴います。 高度なナノ構造基板に微小な小滴を垂らし、その化学反応によって電力生産(20ワットまでの電力)を達成します。 機能的なバッテリーバックがシステムの中に、水や汚れの様な外部の物質から保護するように、慎重に埋め込まれています。 最後に、この採取した電力の伝達装置に、ワイヤーで接続する事によってモバイル電子機器を充電します。 さらにデザイナー達は、ユーザーの衣服の内部に埋め込むことが出来る、誘導結合メカニズムを研究中です。

2. 揺れる胸のエネルギー

Bouncing breast energy

設計者:アドリアーナ・ソー

製品

奇妙?と言えば確かにそうですが、この馬鹿げた考えを受け入れる、実用性の色を否定することは出来ません。 デザイナーによると、大きなカップサイズの女性は、維持可能な「人間」のエネルギーの生成に真摯に役立つことが出来るのです。 この考えはかなりシンプルで、胸の揺れによって自然に生み出される、機械的な運動エネルギーです。 この馬鹿げた資源は、弾性ブラジャーに組み入れることが出来る、特別に作られたナノワイヤー布から採取されます。 今この馬鹿げた要素を超えて、数学的結果が示すものは、1平方メートルの弾性布地から80ミリワットの電力を採取するという事です。 ユーザーの利便性から言えば、このメカニズムをTシャツやたの衣服に統合する事で、価格効率を上げることが出来ます。

3. サッカーボールでエネルギー生産

Energy Generating Soccer Ball

設計者:ハーバード工学科の学生達

製品

統計的に言うと、世界中の発展途上国が毎年排出する二酸化炭素は190万トン近くあります。 その様な不運な状況に対して、4人のハーバード大学工学科の学生が、フットボールからエネルギーを生成する、サッカーケットを巧みに考案しました。 アフリカの国々では「美しいゲーム」として非常に親しまれている事を利用して、設計者達は、誘導コイルメカニズムを使ってそのボールを開発しました。 コイルを通る磁気によって、運動エネルギー(ボールの動きから生成される)を採取し、統合されたバッテリーシステムに、得られた電力を保存します。 設計者達によると、15分のゲームで小さなLEDライトを、3時間点灯させる電気を生成することが出来ます。 そしてこの努力の「副産物」として、元気に楽しい運動が出来るという恩恵を受けます。

4. 回転ドア

Revolution Door

設計者:フルーxx研究スタジオ

製品

子供の頃回転ドアをくぐった楽しい思い出に浸った事はありませんか? ニューヨークに本社を置く「フルーxx研究スタジオ」の回転ドアは、「環境に考慮する」テクノロジーでそれをレベルアップさせました。 タービンが開店するのと同じメカニズムで、この装置は3つの主な部分に分けられます。 ドアに代わる中央システム、運動エネルギーを採取する第2のユニット、採取したエネルギーを蓄えるバッテリーの様な出力システムです。 理論的には、全てが機能するように見えますが、実際には疑問が残ります。 例えば、回転技術だけで十分な電力が得られるのか? さて答えは将来将来得られることでしょう。

5. おしっこ動力燃料電池

Pee powered fuel cell

設計者:ユートリシティ

製品

既に世界初の直接的尿素動力燃料電池としてもてはやされていますが、この魅力的なプロジェクトはまだ開発段階です。 この会社はこの革新的コンセプトを水処理尿素封じ込め手段と想定していて、これは倍量を生成する発電機です。 興味深いメカニズムは、この装置はアンモニアを消費し、これを注入すると、(燃料と酸化剤の)化学反応の為の基礎を提供します。 従って化学エネルギーの出力が、結果的に電気に変換されるのです。 確かにこの考案には、前述の化学エネルギーを貯蔵する能力が無いバッテリーシステムを持っているという欠点があります。 しかし設計者によれば、この困難な状況は、装置の全体的なアンモニア消費によって修正できるとしています。

本当にこれらが必要か?

将来を見据えた時消費者として、核心にまで浸透している持続可能性を備えた、より良いエネルギー供給システムを把握することが出来ます。 しかし、現在直面している不運な状況を隠している訳ではありません。 汚染レベルの高い有害な自然や深刻なエネルギー不足(世界の一部では)で、信頼性のある解決策を見定めるる必要があります。 これに関して、そのような型破りなエネルギー源は風変りな点では高得点かもしれませんが、そのうち幾つかは、理論的に確かに私達の生活に適応します。 そして端的に言えば、私達の再生可能技術を多様化したものは、一般の人が必要とする可能性を秘めています。

Today's Top Articles:

You may also like