Home Renewable Energy @ja ハイドロスピンでパイプの水流を使って発電を

ハイドロスピンでパイプの水流を使って発電を

by admin

隔離された地域や大都市などの水道管が地下に埋まっているところでは、新鮮な水が大変貴重です。これをモニタ管理するのには太陽電気やその他の再生電気ではまかなえません。水力発電は過去には成功していますが、なかなか実用的までとはいきません。その為に、イスラエルの会社ハイドロスピンモニタリング社が開発したハイドロスピンによってパイプの中を流れる水をモニターすることで発電しようということに成功しました。

ハイドロスピンはSWANとよばれるネットワークでシステムに使われる電力を供給するために使われます。SWANは水のPH値や有毒値、塩素、圧力、流れの速さなどを管理し水漏れの有無にも目を光らせています。つまり監査システムでありながらデータを計測し、自家発電をするので外部からの電力を必要としません。さらにメンテナンスも必要とせず、地球上のどこからでもコントロールすることができます。

2010に設立されたハイドロスピンは北イスラエルのキブツ・ラビに位置し、水力発電の革命的技術を駆使しています。パイプ内の水流の強さを利用しておよそ1-5ワットの電力を発電します。取締役のギャビー・ザートックによると、、、

この電量はデータを5分ごとに送るのには十分で、一日一回のその他のシステムよりははるかに効果的です。

ハイドロスピンは自家発電式ですから外部電池や電源に頼る必要がなく、電線による電力供給が無い場所でも一日中使用が可能です。新しく設立された会社によるこの新製品はイスラエル人による発明のトップ45に入りました。このハイドロスピンはエルサレムのブルームフィールド科学博物館に他の発明製品とともに展示されました。

ハイドロシステムの特徴はパイプの中に設置できる点と、通常の水の動きを妨げずに稼動させられることとパイプ内に加工をしなくてもいいという点が挙げられます。このシステムはいろいろな水周りや水道会社などで世界中で採用されることができます。さらにはこのシステムの使用で水の管理を飛躍的に改善させることができます。

Today's Top Articles:

You may also like