Home Recycling  2012年のロンドンオリンピックでは地球にやさしいバスケットコートが採用されました

2012年のロンドンオリンピックでは地球にやさしいバスケットコートが採用されました

by admin

オリンピック会場の選定は、これまで、一握りの裕福な国々に与えらえた特権であり、それらの国のみ、大会の運営に必要な、大規模な競技場を選定する権利を持っていました。オリンピック期間中は、世界中から膨大な数の観戦客が訪れるため、そのような競技場の建設は無くてはなりません。しかし、少ない予算しかない国のために、デザイナーであるウィルキンソン・アールおよびシンクレア・ナイト・メッツはバスケットボール競技場を作りました。組織にとって低予算だけでなく、多数の恒久的な施設より緑が多い――環境にとても優しいのです。2012年のロンドン・オリンピック・バスケットボール競技場プロジェクトは、スポーツ・コンサルタント(KSS)および支援者との協賛で実現しました。今年の夏季オリンピックにて、バスケットボール競技を組織するために利用されるでしょう。
Recyclable Basketball stadium for 2012 London Olympic

●2012年ロンドンオリンピックの再利用可能なバスケットボール競技場

1,000トンの鉄鋼を使用して構築され、決して安価でなく、100パーセント環境にやさしいデザインでもありませんが、それは確かにオリンピックと同じ構造で、王冠を冠した、持続可能な設計が組み込まれた、確かに偉大なケースを表しています。白を基調としているので、バスケットボール競技場は、再利用可能なリサイクル素材から構成されます。

今のところ、2012年のロンドン・オリンピック・バスケットボール競技場は、オリンピック運営委員会および、関心のある主催国のメンバーを通じた有益なプロジェクトの1つです。 そのようなスポーツ競技場が、大会と影響力が少ない国を結び付け、オリンピックをより環境にやさしい舞台に作り上げることができるよう、その国の経済を湧きたてる可能性があるという、委員会や主催国の同意の上で成立しています。
Via: Inhabitat

You may also like