Home Transportation @ja 2011年の傑作製品: 太陽光発電コンセプト自動車

2011年の傑作製品: 太陽光発電コンセプト自動車

by admin

ここ数年、世界の自動車製造工場は車のエンジンにエネルギーを供給するために、太陽エネルギーを利用し、適切な方法で作業しています。この取り組みは再生可能資源エネルギーの利用を効率的に、且つ安価にすることに直接つながります。2011年に提出された数多くの太陽エネルギーコンセプトはこの領域で進行中のすばらしい研究作業を立証することになります。 以下、2011年に他の作品に差をつけてリードした太陽光発電コンセプトをみてみましょう。

1. エリウス   作:ペイ・チャン・フシ

Aerius electric concept car

こちらは将来の自動車を鋭く見据えた二つの技術を融合した車です。これは太陽光パネル付きの電気自動車です。このコンセプトは将来、正確には2025年のデザインともてはやされています。 そして、パフォーマンスにおいてレーシングカーに劣らないと予想される車の発売を始めると考えられています。太陽光パネルで充電されるカーボンナノチューブ・スーパーコンデンサを通して、電気自動車に付き物であるドライブコースの問題点を解決する試みです。

2. アエロトノス

Aerotonos

こちらは太陽光と風力から動力を引き出す電気自動車のコンセプトです。 それは高性能の一般道路外の移動の方法を伝播します。 (太陽光発電システム)パネル付きのコンセプトの上に40平方メートルの軽帆は充電ステーションに依存するのを避けるのに役立ちます。公共の観光旅行の需要に合わせてデザインされ、そのコンセプトは時速40キロのスピードで厳しい地形も移動することができるというものです。

3. FOOW エコライダー  作:ピエトロ ロッソマノ

FOOW Eco Rider

このEVのコンセプトは太陽光を充電用に使うというものです。このコンセプトのユニークな特徴はその形です。 2つの前輪と一つのみの後輪は他の車に比べ、極めてユニークです。車が駐車時にスペースをとらないよう後輪部分は上に上げられます。一人乗りは確かに興味深いデザインになります。

4. Midier by Siyang Liu

Midier

デザイナーはアップルの製品への感謝の贈り物としてこのコンセプトを考えています。電気自動車は太陽光パネルからでもグリットでも充電可能です。コンセプトは数種のデッキを備えた豊富なDJがついています。 格納できる屋根と素敵な証明は単に夜の雰囲気を出すのに役だちます。 デザインはホラ貝の様相からヒントを得たそうです。

5. CRK彗星  作: ブレント・カーター

炭素繊維を使って作られた一人乗りの太陽光発電のコンセプトは明らかに環境に配慮した志が備わったスペースの利用を最適化することを探求しています。車に動力を与える電池は後部に位置する光電池によって充電されます。後部には通勤者用のブートスペースもあります。前の部分は前方から上部にかけて自然に伸びたカーブを施した外観を保持しています。

6. プジョーフレーム   作:ヴァドミール・アブラモヴ

Peugeot Frame

2008年の最初の形から始まって以来洗練されてきているこのコンセプトはデザインとフォームにおいて精巧さを集約しています。4人乗りとなるコンセプトはそのカーブのフォーム上に光電池を搭載しています。 The 再生式のブレーキシステムはパフォーマンスにおいて強力なもののようです。

7. ソロ ライト  作: ロリニク・サンドー

Solo Lite concept

人目を引くカーブの形の三人乗りのコンセプトは、太陽エネルギーを電気に変換する太陽電池を置くための表面積を最大限に利用する試みです。電気自動車が抱える距離の問題を必要に応じ使用できるように内燃式のエンジンで調整しようとしています。

8. カリフォルニアビーチ乗換  作:マシュー

California Beach Transit

この太陽エネルギーコンセプトはビーチでの快適なドライブを想定しています。コンセプトはワイヤレスの信号によって道にそって導かれます。両側のセンサーは12輪のコンセプトが近辺の道にそって、障害物を検知した時すぐに止まることを保証します。乗客はどちら側からでもひょいと簡単に乗り降りができます。4つのスピーカーが配置されていますので、登乗中の音楽で乗り心地はさらに快適になります。

9. フレイクコンセプトカー

Flake Concept Car

この太陽エネルギーコンセプトはこの領域において、研究および革新のために更に一歩先まで踏み込んでいます。車上の薄片は必要時に空気ブレーキとして使われる一方で、冷やすことに役立ちます。太陽エネルギーからのエネルギー発電を最大限にするために、ナノチューブケーブルと 電磁ソレノイドを使うことは確実に希なコンセプトです

10. ソラリスカー  作:アリ・ジャファリ

Solaris Car

オーロラサバイバー2050年で優勝した太陽エネルギー、電気、コンセプトは美観の点において圧巻させられるだけでなく、そのパフォーマンスもまた素晴らしく魅力的です。2013年までに登録される見込みの二人乗りは時速93まであげることができます。

Today's Top Articles:

You may also like