副産物をバイオ燃料に変える最良の方法

バイオ燃料は、生物学的プロセスを経て炭素固定する経緯で作られる燃料の種類と定義することが出来ます。 燃料自体の成分は実際、それぞれ異なる資質と環境への影響から、かなり幅広いカテゴリに該当します。 しかし一般的に言うとそれらは皆、炭素関連のいとこである化石燃料の、コスト効率良い低排出ガスの代替であるとみられています。 これに関して、2010年度は世界中のバイオ燃料生産が105億リットルに達し、その内2.7%が道路輸送に使用されています。 しかしここでは副産物を、改善できる可能性を秘めた効率的なバイオ燃料に変換するユニークなスマートテクノロジーを、見て行きたいと思います。

1.研究者がウィスキーの副産物をバイオブタノールに変換する

Researchers convert whiskey byproducts into biobutanol

2年以上かけて開発したプロセスで、スコットランドのエディンバラネピア大学の研究者達は、ウィスキー醸造の副産物kらバイオブタノールの生成する方法を考え出しました。 問題の副産物は実は蒸留粕で、カッパースティルや絞り粕、アルコールにする為に使われた穀類に由来する液体です。 こうして得られたブタノールは、従来の石油製品より環境に優しく、エタノールより30%以上のエネルギーを持つと言われています。

2.二酸化炭素をバイオ燃料にする藻類

Algae to convert carbon dioxide into biofuel

藻類は、その成長過程で二酸化炭素を吸い上げ、環境から除去する自然生物の一つです。 実際この自然主義的システムは、バイオディーゼルやエタノールの様な、燃料指向の副産物を生成する結果となります。 そしてこれこそまさに、環境に良い燃料技術とNRGエネルギーの共同努力と言えます。 彼らの努力によって、ニューヨーク州の為の代替燃料を考えるには、藻類から商業的に収穫する事は、自然で効率的なプロセスと言えます。

3.ニュージーランドの新しい代替燃料はミルクベースのバイオ燃料

Milk-based biofuel a new alternative at Kiwi pumps

ニュージーランドのかもめ石油は、環境に配慮する技術については、明らかに新しい経路に足を踏み入れました。 植物や微生物の様な従来の要素は避け、彼らのバイオ燃料製品は90%ガソリンで10%エタノールで構成されています。 しかしこのエタノールそのものはミルクから作られるもので、フォンテラのエッジカム・ダイアリー工場で生産されています。 風変りに思えるかもしれませんが、信頼できる結果として、現実に国中のかもめ石油の全てのポンプで商業デビューを果たしました。

4.家庭の使用済み食用油からバイオディーゼルを

Biodiesel from used cooking oil at your home

この身近なプロセスは、まずあなたの家庭から始めることが出来る、持続可能な個人の解決策と想定されます。 実際にDIY(自作)の低コスト方式に必要な資源は廃棄食用油、灰汁、メタノールとプロセスで必要な、タンクやパイプ、バイオディーゼル容器だけです。

5.鶏の脂肪から作られるバイオディーゼル

Biodiesel to be made out of chicken fat

そうです、ウサギの穴に落ちて知らない人同士が出会うのです。 さて今回は、アーカンサス大学の化学工学の研究者達が、鶏の脂肪をバイオディーゼルに変換するプロセスを想定しています。 超臨界メタノールのコンポーネントを使って、この方法は脂肪酸の変換と木材パルプの副産物を伴います。 この結果バイオディーゼルのコスト有効率は90%と発表されています。

6.バイオディーゼルにバターを入れて撹拌する

Churning butter into biodiesel

幾つか前に紹介した、ミルクから由来するエタノールの素晴らしい技術を上げました。 しかし、「農業ジャーナル」と「食物科学」にオンラインで発行された論文によれば、精製されたバターと他の植物油または動物脂肪を合わせる効果で、結果として信頼できるバイオ燃料の形態をとる事が出来ます。 問題として残るのは、長期の解決策として実行可能な選択であるかという事です。

7.庭の廃棄物がバイオ燃料に形を変える

Garden waste to transform into biofuel

ヨーク大学とカーボントラストの共同研究で、マイクロ波技術を利用して、庭の廃棄物や廃棄木材をバイオ燃料に変えることが出来る事を発見しました。 「熱分解」と呼ばれるプロセスは、酸素なしで廃棄物の熱を用います。 実際に自然派のバイオ燃料は従来の燃料より二酸化炭素排出量が95%少なく、言い換えれば年間300万台の炭素排出量を欠いた事になります。

ビールをバイオ燃料に

Turning beer into biofuel

私達はみんな「密造酒」については耳にした事があります。 しかし今回はより良心的に、ビールからバイオディーゼルを生成するという「役に立つ」解決策をとっています。 現代科学アバーティ校による研究で、結果として得られたバイオ燃料は、化石燃料と比較して65%温室効果ガスの排出を抑える可能性を持っている、という事実が証明されました。

9.ミネソタの企業がリサイクル飲料からバイオ燃料を作る

Minnesota firm to make biofuel out of recycled beverage

ミネソタに本社を置くデバースフィールド・エタノールは、飲料からバイオ燃料を考える「アル中」という方法に行きつきました。 会社によると、それらは土着の技術で、醸造所やリサイクル飲料、食品加工施設からの液状廃棄物からエタノールに変換することが出来ます。 実際の所、南カリフォルニアで主にソーダ回収用に、容量1900万リットルの設備が商業用に設置されました。

10.廃棄スイカを使ってバイオ燃料を生成

Watermelon waste to be used in biofuel production

トウモロコシの様な食用作物からバイオ燃料生産する事は、事実水の様な資源を無駄にしてしまいます。 一方、特定の作物からの廃棄素材は、リサイクル可能な方法でバイオ燃料生産に使用することが出来ます。 これに関して統計では、少なくとも全てのスイカの20%は消費にそぐわず、このようなエネルギー効率のプロセスに使用することが出来ます。 実際スイカジュースには、遊離アミノ酸や発酵性糖の様な、バイオエタノールを生産する為に適した、必須化合物が含まれています。

Today's Top Articles:

Scroll to Top