Home Renewable Energy @ja クリーンエネルギーを保存する、安価な液体電池

クリーンエネルギーを保存する、安価な液体電池

by admin

電気は日常生活のあらゆる局面で必要不可欠であり、基本的な必需品と見なされています。電力の需要は巨大で、常に成長しています。現在この需要に応えることが、人間にとって最大の課題となりました。近年、電力消費は、人口増加と経済発展のため、急速に伸びています。電力供給を増やすため、需要を満たすだけの新しい発電所と送電線が建設されています。

Solar Panels

電気工学が専門のドナルド・サドウェイ教授は、このピーク時の使用について、定評のあるTED(Technology, Entertainment, Design)の会合で黒板を使って観客を前に講演を行い、液体電池の公式を発表しました。最近の発電所と送電線のニーズに、いつの日か終止符を打つかもしれないものとなります。さらに、サドウェイ教授は、カリフォルニアの聴衆に向かい、これらの電池を使うことで、電力供給と需要が安定的に平衡すると話しています。これらの電池は、曇りの日にも電力を供給できると教授は話します。

サドウェイ教授とそのマサチューセッツ工科大の学生グループはLiquid Metal Battery Corporationを始め、2年を待たずにモデルを発表できると言います。ビル・ゲイツも同社のプロモーターに名を連ねます。同社は、米国の200世帯ほどの日常のニーズを満たすのに十分なエネルギーを貯蔵できるよう、この液体電池を発展させる計画です。これらの妥当な価格の液体電池は、ソーラーパネル、風力発電、または既にアクセスできる製造設備からの電力を貯蔵でき、最も必要な時のためにとっておくことができます。これらの電池は、建物の地下に設置し、明け方にはそこから電気を使うことができます。ややこしく言うまでもなく、ピーク時の使用に足してい発電所や送電線を新設する必要はなくなります。サドウェイ教授は平易な言い方で、バナジウムとマグネシウムがこの電池に使われている主な金属だと話しました。

この目的は電力需要を満たすことで、この驚くべき液体金属電池によって必ずやそれは可能になり、いつの日か世界にクリーンな電力を供給するはずです。

出典:AFP

Today's Top Articles:

You may also like