ペンのキャップでおしゃれに!メゾン・マルタン・マルジェラ製ジャケット

混沌と不気味さにおおわれているかのような現代の世界で、周りの人々の注意をひきつけるのは難しいことです。しかし、スポットライトを集める印象的なアイテムを探しているすべてのファッションオタクに朗報があります。メゾン・マルタン・マルジェラは、ペンのキャップ特に青いキャップを使って素晴らしいジャケットを作りました。このむしろ派手なジャケットをEcoFriendが取り上げる理由は、このエコな特徴のためです。この特徴については充分に説明いたします。

Jacket Made From Pen Caps

使い古しのペンがたどる道とはどういうものでしょうか?たいていは、燃えないゴミとなって、再利用されることはありません。いずれにせよ、一度不要となってしまったものが、私たちに何の関わりがあるでしょうか。私たちのだれもが、そう考えることでしょうが、マルタンマルジェラのデザイナーはそうは思いませんでした。使い古しのペンのキャップを集めジャケットを製作し、しかもそれが心を躍らせるようなデザイナージャケットになったのです。

マルジェラは、ファッションと機能が交差する点を探求しています。ファッションを目立たせることは難しくはないのですが、機能性にエコな特徴を盛り込むことは困難です。コットンのジャケットのベースにブルーのペンのキャップを何百も巧みに連ねています。袖は裏地をつけず、肌が少し露出することになり、スタイリッシュです。同色のキャップが使われ、全体に光沢があるので、光が当たるときらびやかです。

ディスコに行くのにはぴったりなのではないでしょうか。少しレトロなデザインで、パンク風でもあり、しかもエコフレンドリーです。グリーンなだけでなく、実際に着ることもでき、ミュージアム・ロッテルダムに展示され、日常アイテムでも新しい生命が与えられる証になりました。

出典:Ecouterre

Today's Top Articles:

Scroll to Top