Home 環境に優しい家 @ja モダニスト・キャビン: 自然と調和する別荘

モダニスト・キャビン: 自然と調和する別荘

by admin

皆さんは様々な媒体を通して、地球の空中写真を見たことがあることと思います。森林の緑のパッチを見て、疑問が頭を過ぎることでしょう。この緑はどうなってしまうのだろう、と。個人としては、森林の運命を決めることはできませんが、森林の別荘に関する限りでは、生態環境に影響を与えることなく、自然環境と調和した人間の活動をするためには、ある建築原理があります。そのような努力の1つに、HGBアーキテクトが設計した「現代主義キャビン」があります。これは、優に4人の大人が居住することができる小さな別荘です。

The Modernist Cabin

この別荘は、特にレイク・フロントの設計で、従来の木造キャビンを新しく改良したものです。現代建築のアメニティがすべてありますが、エコロジーに同調した受動的なプロセスに基づいています。家を定義する大前提は、自然と居住者間の相互関係をどのように組込むかです。建築家は、屋外と屋内のよい関係が確立され、長い時間に渡って日光が内装やコーティングに及ぼす影響の相関性に注意して設計しました。

窓や外部シャッタを壁に格納し、内部から直接湖畔に通じるようにしています。内装はパネルをスライドさせて間仕切りすることによって、スペースを流動的にしました。さらにエコロジーも考慮して、高い位置に上げることもできます。これは土への影響を減らして、洪水被害を防ぐことができます。あなたも自然の中の別荘で穏やかな時間を過ごすことをお考えであれば、環境にやさしくてエコロジーに融合する別荘をお考えください。

Via: Henrique B-Gomes

Today's Top Articles:

You may also like