Home Art @ja @ja @ja エコ・アーティスト、30トンの廃棄物をリサイクルして巨大な迷路を作成

エコ・アーティスト、30トンの廃棄物をリサイクルして巨大な迷路を作成

by admin

今日、リサイクルの重要性は、一般市民だけでなく経済的に大きな関心事になりました。この地球の天然資源は、次世代がその付けを払わなければならない程の速さで消費されています。地球温暖化を抑える方法について心配する人々によって、リサイクルの重要性が尊重されてきています。この最良の解決策は、再使用ができない破棄物にするより、更なる使用のために、すでに使われた材料をリサイクルすることです。

Recycled material used to build mazes in Sao Paulo

芸術家のEduardo Srur氏は、ブラジルのサンパウロでユース・パークの迷路を建設しながら、30トンの廃棄物の再利用を考えていました。彼は、多くの人が不用のものとして廃棄するすべての種類のペットボトル、箱、ボロ布、ボロボロになったバッグなどを利用しました。彼の基本的な概念は、環境を保存し、建築費を安く抑えることです。

埋め立て地は大量のごみや数トンもの再使用することができる廃棄物でいっぱいです。そのようなごみを廃棄処分するのではなく、再使用することによって新しい命を与えることができます。大量に廃棄物を出さなくさせるために、特別なコンテナーをコミュニティに置きました。これは地球の天然資源を保存するだけでなく、製品をより適切に使用するための設置でもあります。メーカーがリサイクル材料を最大限に利用して製品を生産するために努力すれば、明らかに地球の環境保全に大な違いが出てくるでしょう。

リサイクルは私たちの住んでいる世界の環境を保全するための最も簡単な方法の1つです。地球の保存を助けるリサイクルの重要性について、人々はもっと教育される必要があります。私たちはみな、Eduardo Srur氏のように、リサイクル材料を最大限に利用して、環境を保全することをもっと考えなければなりません。

Via: Hungeree

Today's Top Articles:

You may also like