Home 車、乗り物@日本語 @ja フォルクスワーゲン・クロス・クーペTDIは力強いディーゼル・エンジンとグリーン電気駆動のコンビネーション

フォルクスワーゲン・クロス・クーペTDIは力強いディーゼル・エンジンとグリーン電気駆動のコンビネーション

by admin

以前に、ヒュンダイの未来型コンパクトカーで低排気ガスのi-oniqに関して話をしました。そして今回は、環境に関する志の強いドイツの自動車メーカーが、滑らかなクロス・クーペTDIと共に「クロスオーバーSUV」バンドワゴンを発表しました。実際には2011年12月の東京モーター・ショーで披露しており、フォルクスワーゲンは、それらの真新しいコンセプトにいくつかの変更を加えることを決定しました。従って、上の写真のディーゼル・エンジンを搭載した新しいパワートレインを完備している昨年のモデルのクーペに改良が加わります。

Volkswagen Cross Coupe TDI Concept

オリジナル・モデルは、4枚のドアのコンパクトカーで、4WDハイブリッド・メカニズム仕様です。しかし、以前に述べたように、ガソリン部分は、低価格のディーゼル・エンジンと取り替えられました。そのため、現在、ハイブリッド駆動は電動機と結合して2.0リットルのディーゼル・エンジンを採用しています。これは、TDIバージョンがトルクを四輪すべてに伝達するために516ポンド・フィートまでを生産することができることを意味します。

「グリーン」電気駆動の場合、後輪駆動となり、1回の充電の走行距離が約28マイル(45km)で、時速75マイル以内(120km/hr)を出すことができます。しかし、従来のディーゼル・エンジンに変えれば、前輪駆動によって、その走行距離は800マイル以上(1280km)までに延びます。また、充電に関して、ディーゼル・エンジンは電気系統に動力を供給するために使用することができます。さらに、静止状態の場合、自動車はさらに230Vのソケットによって燃料を補給することができます。

最後に、商用的展望から、フォルクスワーゲンは、過去にはアウディQシリーズのようなコンパクトなクロスオーバーや、あるいは独自のフォルクスワーゲンTiguanなどの経験があります。しかし、SUVの中で、低排気ガスの電気駆動の利点とディーゼル・エンジンの特徴を融合させようとしたのは、まさに初めてのことでしょう。

 

Via: WindingRoad

Today's Top Articles:

You may also like