Home Green [email protected] スタジオVEのトレンディEndyシリーズが自然を祝福

スタジオVEのトレンディEndyシリーズが自然を祝福

by admin

ストックホルム・デザイン・ウイークには、いつもたくさんの面白いプロジェクトがディスプレイされます。多くの芸術家の創造的で独創的なデザインに、ただ驚かされるだけです。特にスタジオVeのEndyシリーズは、ラインと形状において人目を引きます。このシリーズは、ストックホルム・デザイン・ウイークの展示会と、ストックホルムの家具とライト・フェア2012に入賞しました。

ENDY BY STUDIO VE

芸術作品は、回収材料から作られた腰かけや椅子、そしてコーヒーテーブルです。木材を買う代わりに、Endyは、「Endyシリーズ」の3作品を作成するために残った材木の端部を集めました。

材木の端部は材木の最も敏感な部分で、外的要素に弱いと言われています。製材工場では、木材を保護するために、そして木材のひび割れを覆うためにペンキでコーキングします。使用後は、材木の色付いた端部は、通常切り取られて廃棄処分されます。しかし、Endyは、材木のオリジナルの形を維持することに決めました。その荒さが木材のもともとの輪郭を強調することによって、芸術家は、人々に純粋な形状美を理解してもらうことを望みました。

とてもうまく混合された表現力の豊かさを木で表現するアーティストの能力を賞賛せずにはいられませんでした。それは単に自然の強さを表現しただけではありませんでした。色使いがヒントとなり、さらに何かを語りかけてきます。スタジオVeは、器用にデザインに有色の端部が共鳴するように統合し、全体像を作り上げ、人々は異なる角度からそれらを見ることができます。さらに、異なるタイプの材木端が使用されました。オーク材やカシ、ユーカリ樹、マホガニー、灰、モミジ、そして桜などです。様々な家具の部品は特別なネールで固定し、それらは簡単に分解することもできます。最後に、「Endyシリーズ」は、スペースを解放するためのビルディングブロックのように、3つのアイテムを互いに変えることができる最適化されたスペースです。

Via: Design-milk

Today's Top Articles:

You may also like