研究者達が効率95%のPVメタマテリアルを開発

現代科学の革新的な一面ではメタマテリアルの概念を論じています。基本的に人工素材として定義されるものは、自然に発生する事なく独特の性質を持つように作られたもので、その機能性は構成よりも本質的な構造に基づいたものです。実際それらに関係する多くの研究者は、超高感度検出器からベール覆われて見えないものまで驚くべきものを伴っています。しかし今回は、MITの科学者達が私達の為に何か実用的で維持可能な物を用意してくれています。このプロジェクトは広範囲で光を吸収することが出来る特定の種類のメタマテリアルを作っていて、これは新世代の高効率太陽電池に繋がります。

Solar Panel

このプロジェクトの研究者によると、従来の薄型ソーラー装置が反応する入射角の範囲が狭く波長の範囲は限定されています。しかし、このケースは、メタマテリアルのデザインは構造的に楔状の形に進化し、金属と絶縁体と呼ばれる絶縁素材が交互に層をなしています。これらの「うねり」の間にある幅が効果的に速度を落とし、様々な振幅の波長を捉えます。

ラボでの適切なテストは、このデザインが膨大な光の吸収量がある事を示しています。事実、従来のものは限定された色の範囲だけが可能でしたが、このデザインは何と95%前後の効率を占めることが可能です。もっと大切な事は、進化した薄型素材は伝統的な既存の太陽電池製造装置から価格効率の良い方法で容易に生産することが出来る事です。

最後にその理論的利点を超えて、この新しい発明には現実的な適応性では膨大な可能性があります。主なものは、太陽エネルギーの活用機能が画期的に改善されることです。しかし他の電力関連面で、新しいテクノロジーは赤外線探知機として使用でき、さらに赤外線発光にも応用することが出来ます。第2の機能は、発電の為に熱を利用する革新的な装置を伴います。

Via: MIT

Today's Top Articles:

Scroll to Top