アメリカ最大の太陽光プロジェクト、エコの世界で注目

アメリカで最大の太陽光プロジェクト、コッパーマウンテン・ソーラー1は、450エーカーに100万枚の薄膜ソーラーパネルを設置しています。エルドラド・エネルギー・ソーラーと呼ばれるこのプロジェクトは、センプラUSガス&電力社が実施しました。最初は2008年に10メガワットの電力を生産するキャパシティーで167,000枚のパネルが設置されました。2010年末までには、775,000枚のパネルが追加され、58メガワットの電力を生産するキャパシティーとなりました。

Solar Project

アメリカで最大の太陽光発電の施設であることに加えて、このプロジェクトは重要な再生可能エネルギーの発電施設です。砂漠の生態学は生命体の維持にとっては不可欠なことで、新しい土地を大規模な太陽光プロジェクトに使用すれば、砂漠に住む動物種を危険にさらすことになります。また、一度砂漠の土地を堀起こしてしまうと、正常な状態にもどすことが大変困難になります。したがって、センプラ社が実施したこのようなプロジェクトは、砂漠の土地の生態形を破壊してしまいました。

マウンテンソーラー1はネバダ州のボルダーシティの近くに設置されました。このプロジェクトのボルダーシティのインフラストラクチャーの大部分を占め、フーヴァーダムの大規模な再生可能エネルギー・プロジェクトが特徴的です。プロジェクトに使用された土地はすべて私有地で、政府からの支援はなく、プロジェクトの促進やサポートに関してはとても楽天的に遂行されました。州は、カリフォルニア・ユーティリティ・パシフィック・ガス&エレクトリック社の20年間マウンテン1からの電力を買う協定を結びました。

センプラ社はマウンテンソーラー2と呼ばれる次のプロジェクトに取り掛かっています。これは現状に約150メガワットの電流のキャパシティーを追加することができます。このプロジェクトは、220メガワットを追加できる別のプロジェクト、コッパーマウンテン・ソーラーノースに繋がっていく可能性がありそうです。

Via: Good

Today's Top Articles:

Scroll to Top