生きている魅惑的な壁の設計

壁を装飾する方法といえば、高級な壁紙を貼るかペンキで表面を塗ることであると思ったならば、これからは植物を壁に掛けることも考慮に入れてください。緑の壁は新鮮な感触を与えるだけでなく、当然大気から毒素を取り除く作用があります。都市の環境に最も良く適し、垂直の庭園は壮観に見え、戸外や屋内の両方に植えることができます。庭を造るスペースに制限があれば、壁を緑にすることを考える時かもしれません。

清水のパラビエンタ・グリーン・ウォール

 

清水のパラビエンタ・グリーン・ウォールは壁面造林システムで、様々なグリッドとパターンで作ることができます。グリーン・ウォールは建物を冷やし、外壁の退屈外観に少し色彩を加えてくれます。低コストで作ることができ、好みによって様々な植物を植えることができます。

ケ・ブランリ美術館のグリーン・ウォール

ケ・ブランリ美術館のグリーン・ウォールはまさに驚くほどの芸術作品で、博物館の芸術や文化に完全に溶け込んでいます。フランスの有名な美術館を飾る緑の壁は、パトリック・ブラン氏が設計し、パリにおいて緑の壁の話題となり、世界中で最も写真に撮られている建造物となりました。ファサードを装飾する種は、パリの気象条件に合うようにブレンドされています。

グリーンワークスの自己散水式の生きたウォールシステム

グリーンワークスの携帯用のプラントウォールは自然のモジュールでとてもさわやかです。これは自己散水式の栄養システムの構成になっているので、植物の成長を助けて、メンテナンスと掃除が簡単です。住宅や事務所において鉢植えの植物に替わって壁が美しさを提供します。

建設現場を環境にやさしくするシンバイオティック・グリーン・ウォール

壁に魅力的な生命力を与えたのがシンバイオティック・グリーン・ウォールで、雨水や廃水を収集して浄化し、再配分します。デジタル・モニタリング・システムの変わった設計は、使用する水量と植物の一般的な健康状態を監視してくれます。

ニュージーランド最大の生きた壁

ナチュラル・ハビタという名前の造園設計会社は、3階まで拡張することができるニュージーランドで最大の緑の壁を作成しました。壁は様々な季節感とエキゾチックな葉を特色とします。遠隔で抑制された灌漑システムによって植物の健康状態を維持する設計になっています。

シェイク・シャックが緑の壁を設置

建設現場といえば風情がなく、数多くの合板が特徴です。しかし、ニューヨークを拠点とするハンバーガー・ショップのシェイク・シャックは、その淡褐色の構築エリアに緑の壁によって緑の茂みを作りました。パネルとプランターには回収された鋼を使用して作られ、はっと思わせるような花、潅木、ツタそして花で埋め尽くされました。

北アメリカ最大の生きている壁

北アメリカのスピリッツを快活にするのは、驚くほどの外観である生物学的に生きている壁です。緑の壁には自動潅漑システムが構築され、10,000種以上の植物が3000平方フィートに広がっています。水栽培の垂直のこの庭は自給自足方式で、断熱、空気の浄化、そして雨用の金網などの役割をはたします。

生きている壁で包まれたスパ

Thermes de Royatは生きている壁で包まれたスパで、夏期間は涼しく換気してくれます。また、外部の温度に対しては、同じ壁が断熱材としても作用します。

アトランタ植物園食用庭園のグリーン・ウォールAtlanta Botanical Garden Edible Garden Green Wall

アトランタ植物園の食用ガーデン・グリーン・ウォールと外部のキッチンは、植物や野菜で一杯です。植物用パレットは、アトランタの気候条件における植物の適応性に基づいて限定されました。美学的に人をひきつける緑の壁は、生野菜の消費を支援し、環境にやさしい食物を消費する素晴らしい方法でしょう。

生きている壁を備えた緑の建物

韓国の建築家は、ファッションの小売業の建物に植物を取り入れた大規模な実験をしました。建物の外壁は緑の生命でくるまれ、外見的に壮観で、とてもリフレッシュさせてくれます。生きている壁は、多年生植物から構成され、建物に緑のカバーをすることによって印象と励起を与えます。

 

Today's Top Articles:

Scroll to Top