Home Green [email protected] エコフレンドリーな代替を利用して、サステナブルな建築を

エコフレンドリーな代替を利用して、サステナブルな建築を

by admin

エコフレンドリーな電気と 木材 の代替を探す戦いが続いています。廃棄物の管理は、更に効率的にでき、天然資源を保存することができます。私たちの慣習次第では、この環境保全意識に貢献する方法を大きく前進させることができます。思慮深く製品を選ぶことは、最も重要ですが、現在、ドアやLED などの製品と、建築時の習慣を含むオプションを選べば、大きな差を生むことができます。

A pledge to go green

ドアとは、家の各個室のプライバシーを守るもので、ドアがない家は考えられません。そのため、ドアを選ぶ時にエコフレンドリーなところを考える事が必要です。ドアに新しいバリエーションが増えました。ハニカム構造の紙でできています。これらのドアは、木製のフレームと合板、中質繊維板(MDF)等のサンドイッチ構造で、軽量ですが何年でも持つほど頑丈です。ハニカムにするもう一つの利点は、100%の生分解性です。

ソーラー発電装置の取り付けは、新しいわけではなく、私たちは総コストが高価になることを良く知っています。ただし、覚えておかなければならないのは、一度投資すれば何年も利益になり、電気代の節約も大きな額になることです。それでもソーラー発電に消極的なら、LED照明に取り換えるのが次善の策です。完全に電気代をカットすることはできませんが、環境への害を若干減らすことができます。

家の住めるスペースの基礎をつくる壁も、エコフレンドリーな建材の力でつくることができます。例えば建設に使うレンガを、粘土ベースのレンガやその他のエコ・フレンドリーなレンガに替えることができます。こういったレンガは、毒性がなく石炭灰、花崗岩のスラリーなど自然な添加剤しか含みません。

人口増加が進む現状では、何はなくとも人は家を必要とするわけですから、その建造は避けられないものです。そこで、私たちがお願いしたいのは、エコフレンドリーに努めて、設計のレベルから竣工、完成までグリーンな素材を取り入れてほしいということなのです。

出典:Thehindu

Today's Top Articles:

You may also like