3D ソーラーパネルが20倍の電力を生成する

太陽電池の性能の改善が研究され、それに伴ってコストダウンが最大の注意を必要とする重要な課題となっています。しかし、これらの太陽電池に少し変更を加える必要もあります。通常PVは、屋根や他の面の様な平坦な位置に配置されます。また車や移動する構造体に取り付けられ、電池は太陽に向かうよう特定の方向に設置されます。MITの研究者チームは、電池を縦に3次元の形状に拡張しタワーや立方体に作り、異なるルートを辿っています。この構造体は、固定式平面パネルの2倍から20倍の出力を得る事から、以前のものより効率的であることが証明されました。

A new dimension for solar energy

赤道から遠い地域や曇りの日や冬の期間もテストされ、この結果が得られました。チームは独自に、可能性のある形状を調査する為にコンピューターアルゴリズムを使い、どの形、どの範囲の経度や季節や天候が最も良いかを調べる為に、実際の形状をテストする事が出来る分析ソフトを作りました。

3Dモジュールのコストは通常の平面パネルより上回ります。しかし高価な方がバランスが取れていて、高いエネルギー出力を生成し1日の過程でより多くの電力を発電します。このモデルに加えられた改善は、複雑化する事なく電力網に3Dモジュールを組み込む事です。

構造の物理的特質の変更は垂直面がどんな時でもより太陽光を得ることが出来るという事です。チームは、このモジュールはスペースが限られている都会環境や平面屋根の様な場所では大きな利点があると考えています。

チームは3D光電池原理は様々な角度で光を捉えられる利点がある事を示しました。彼らのチャレンジは今、価格効率よくこれを大量生産する事にあります。

 

 

Via: MIT

Today's Top Articles:

Scroll to Top