Home Uncategorized ジョードン、2013年までにジョードン紅海プロジェクトの起工を発表

ジョードン、2013年までにジョードン紅海プロジェクトの起工を発表

by admin

ジョードンにとって水は最も重要な必需品で、水不足が原因してさらに価値のあるものにしています。ジョードンの水の安全保障として海水を脱塩したものに依存していることに脅かされます。今後、この障害が人々の生命に悪影響を及ぼさないために、ジョードンは、2013年にジョードン紅海プロジェクト(JRSP)の第1段階に着手することを発表しました。このプロジェクトは、2022年までに、ハシミテ王朝王国に毎年、10億立方メートルの水を供給することを目標とします。

Jordan announces work on ambitious Red Sea water project

このプロジェクトは、進んでいる水不足の問題を緩和するために、既存のDisi送水プロジェクトと共に作業が実施されます。JRSPの第1段階は、紅海から水を取り出し、アカバの脱塩工場のパイプラインによって水路を開くことにより脱塩します。この水は海岸沿いのすべての都市に配達されることになっています。

水は国の経済発展に不可欠です。さらにジョードンは何千ものイラクやシリアから来る難民にも供給しなければならないので、水の要求が一層上昇していくことが予想されます。さらなる悩みは、水層を共有している隣国との争いです。Disiプロジェクトは未完成のままです。そのため、ヨルダンへの保証付きの水道設備はこのプロジェクトを不利益なものにしています。

Via: Arabiangazette

Today's Top Articles:

You may also like