Home Uncategorized モンスター田嶋、2012年パイクスピークで電気自動車のパワーを証明

モンスター田嶋、2012年パイクスピークで電気自動車のパワーを証明

by admin

一般的に電動自動車にパワーがないという概念は誤解です。疑問をお持ちであれば、「モンスター」田島伸博がすぐに晴らしてくれます。田嶋をあまり知らない人のために説明しておきますと、彼は毎年コロラドで開催されるパイクスピーク・インターナショナルの自動車のイベントに参加しています。驚くことに、田嶋は10分のバリア・ブレーカーで2回の記録を出し、過去6年間において現チャンピオンを玉砕しています。

Monster Tajima Goes All-Electric For 2012 Pikes Peak Run

今回モンスターは、全電気エンジンを使用して4,700フィートを出すという、歴史に新しいページを刻む試みを行います。それはガソリンを大量に消費するガソリン車に対抗して、電気エンジン車の初となるタイトルへの挑戦です。自動車が電気的になっただけで、田嶋が相手に対してソフトになったわけではありません

以前の大会に他の人が電気自動車で出場したことがありましたが、田嶋が電気自動車に乗るとなると、電気エンジンの利点を披露し、ガソリン車に全く引けを取らないほどパワーがあることを証明することができます。田嶋のチームは電気自動車(APEV)のプロモーションの協会の会員で、排気ガスを出さない自動車がますますポピュラーになることを確信しています。

Via: greencarreports

Today's Top Articles:

You may also like