科学者、代替燃料を生産するためにCO2と電気を使用

科学者の独創的な方法のおかげで、電気と二酸化炭素を使って代替燃料を作り出すことができそうです。この進展は、CO2が電気を通して液体燃料等ブタノールに変えられることができる方法を示したUCLA Engineeringの研究者らの努力の結果です。科学者が化学エネルギーとして電気エネルギー保存装置の新しい技術を考案したことが、Scienceのジャーナルで発表されました。今後、液体燃料として使うことができるようになるでしょう。

Electricity and Carbon Dioxide Used to Generate Alternative Fuel

長い間、電気エネルギーの保存に関しては、低密度性や輸送基盤との非互換性による問題がありました。現時点では、エネルギーはリチウムイオン電池に保存されます。しかし、密度が低くなる傾向があります。科学者はエネルギーが液体燃料に保管されていれば、密度が非常に高いことを発見しました。そして、これが既存の基盤を変えることなく車両を動かす新しい方法であるということを証明しました。

James Liao氏とそのチームは、ラルストニア・ユートロファ H16または電子バイオリアクターで3メチル1ブタノール(メチル・イソプロピル・カルビノール)とイソブタノールを生産する石自家栄養生物の微生物として知られていることを遺伝的に修正しました。電気が唯一のエネルギー出力なので、CO2は炭素の唯一のソースとしました。科学者は、日光を電気エネルギー変え、そして化学中間体に変換するために太陽光発電を使い、燃料を生産するCO2定着に動力を供給するために使用しました。

このプロセスは、生物学的光合成の影響を受けました。CO2変換を推進するために太陽エネルギーによって発生する水素を使う代わりに、科学者は水素が安定性の問題と物質移動速度が低いので、ギ酸を利用しました。バクテリアの炭素固定を高アルコール類とイソブタノールを生産するために酸が用いられました。

Liao氏は、今回原理が実証されたので、科学者が微調整を行い、かつプロセスをスケールアップしていくことを期待していると述べました。代替燃料の生成に加えて、プロセスがバイオマス精製所で使用されることが望まれます。

Via: Sciencedaily

Today's Top Articles:

Scroll to Top