Home Uncategorized ビニールのバブルの中に木と自分を包む男

ビニールのバブルの中に木と自分を包む男

by admin

これまでにビニールで頭をくるむ経験をしたことがあれば、括約されてぞっとするようなカバーの中で窒息しそうになり、いかに不快であるかお分かりだと思います。しかし、中東の芸術家は、今日の地球の窮境さと緊急さに盲目な者すべて対して警告をするために、青々とした緑の木と自分を巨大なポリエチレンラップで包むことを決定しました。

Saudi Artist Sucks Oxygen From a Plastic-Wrapped Tree

サウジアラビアの住人Abdulnasser Gharem氏は、第8回のシャージャ・ビエンナーレ展でこの作品を初めて発表しました。しかし、このメッセージは当時と変わらず、今日でもまだ同じことが言えます。あなたの見方によって、いろいろな角度からこの行動を解釈することができます。

芸術家はまずCornocarpus Erectusの木と自分をビニールに包み込みこむことによって、まだ生き残ることができることを表し、生きていくうえで植物の重要性を強調して、植物相の成長がますます都市を助長していることを表現しています。しかし、もうちょっと深く考えることができるならば、人間は一定の原則において自然と自分自身を有毒廃棄物とジャンクでおおっていることを表現であることをイメージして欲しいのです。結局、汚染と呼ばれている巨大なラップが完全に今日の地球をのみ込んで、私たちを窒息させる日が来てしまうのです。

そして、装飾的な芸術展示会を訪れる人が少ないので、Abdulnasser氏は、多くの人の目に触れるように路上に作品を持ち出すことを決め、彼の目論みは成功しました。

Via: greenprophet

Today's Top Articles:

You may also like