Home テクノロジー@日本語 @ja 効率の良い電子機器で製品の電力を節減する

効率の良い電子機器で製品の電力を節減する

by admin

現在の状況

私達の殆どが送電線のお世話になっています。それがどこから来てどの様に発電されているのか実際には分かりませんが、何の支障もなく連続的に供給されている間は満足しています。家庭や企業で必要とする電力は相当量の需要があり、一定量の発電をする為に天然資源に頼っているのです。世界のエネルギー需要は増加傾向にあり世界中の殆どの家庭はガスと共に従来の送電線の供給に大きく依存しています。

既にエネルギー需要への課税で、さらなる新しい技術と当たり前のようにコンセントに繋ぐ製品の改革に力を入れています。電力消費が大きな課題となって節減しなければならないと私達が気付くまでに、どのくらい今のペースを続けて行くことが出来るのでしょう。

なぜ私達は変化を受け入れなければならないのか

製品の使用とテクノロジーは大きな広がりをみせ、世界的に電力消費量は危険なレベルに上昇しています。非再生エネルギー資源が底をつくのは時間の問題です。石炭火力発電は永遠には続かず、地球の表面を掘り起こしている速度を考えると、これらの資源が消失する前まで後100年とは持たないでしょう。太陽、風、潮力、地熱等の代替エネルギー資源に依存する事は前向きで素晴らしい方法です。。しかしより良い将来に向かって、環境に優しくなるように電気製品の効率性を高めて行くことも、同時に進めていかなければなりません。

電子廃棄物の削減もまた、より生活しやすい地球に向かう重要な一歩です。最小限の資源と公正な投資でより強力でスマートな小型化された製品を製造して電力消費を削減し、比較的長く応用できる技術を必要としています。これには最高の仕事が要求され、科学技術の最先端の研究者が必要です。そして彼等は私達の将来の方向を正確に指示してくれるのです。

効率的な明日のための新しい技術

グラフェン電子部品

Graphene transistors

革新

グラフェンは現代の技術者の間で最も人気のある研究要素で、次の電子部品技術に必要な大きな課題であると研究者達は見ています。イリノイ大学の研究者達も従来のシリコンベースの半導体をグラフェンに置き換えようと研究を重ねています。最近の研究で、不純物を加えたグラフェンは純粋なグラフェンシートより電気部品の製造にはより有効で効果的であることが示されました。

使われ方

グラフェンは電子部品を合成するのに有益で今日使われているものよりはるかに有効です。そして加熱量もかなり少ないのでエネルギーを無駄にする事なく、現在の電子部品よりかなり高いレベルで作ることが出来ます。

先行き

素材としてグラフェンはまだ謎が多く、電子部品の製造に使用するには解明する必要があります。現代科学はグラフェンから作られるトンネル電場効果の電子部品を将来的に約束していますが、しかしまだまだ先の事です。

有機電子部品

Energy-saving transistorsmade from organic materials

革新

ソリッドステート研究のマックス・プランク研究所の科学者達は、電力を節減するだけでなく生物分解性の新しい種類の有機電子部品を設計しました。それはかなり頑丈で消費者の実現可能性をテストするために回路で試用されています。

使われ方

この電子部品は有機であるだけでなく電力消費を大きく削減し低電圧で動作します。これは日常生活で使う多くの電子部品として使われるのが理想です。

先行き

今まで有機電子部品の技術については聞いていましたが、実際今日まで何処にも使用されていません。合成は既に達成されているようですが技術に関する動作環境の問題があるのかもしれません。この技術が向かう方向を少しの間見守って行かなくてはならないようです。

AMDエネルギー効果処理装置

AMD debuts energy-efficient processors

革新

AMDは今現在エネルギー効率の良い処理装置を作っています。エネルギー節減プロセッサーの全てが、何千ものシステムが日々作動するなか電力を節減するのに役立つでしょう。

使われ方

AMDは処理装置の消費電力削減するために用いている技術は既に有効で、消費者に消費電力を軽減させ送電線の負荷も軽減させています。

先行き

これらはすでに市場にあり実際に消費電力を削減しているの何も不満はありません。

エネルギー消費量の少ない日本製のマイクロチップは待機中

Japanese scientists develop microchips to cut ‘standby’ energy consumption

革新

日本のNECの研究者が設計した新しいマイクロチップは電力消費量を削減しますが今待機中です。これは従来のチップに使用される電力に替えて、一時的なデータを格納するチップに小型磁石を使用しています。

使われ方

この技術で、装置がスタンバイモードにある時に相当量のエネルギーが削減できます。従来のチップは完全に機能していなくても相当量の電力を使いますがこの小さな磁石を使用する事でこれらのマイクロチップは時間を大きく節減し電力消費を削減することが出来ます。

先行き

今一度これについて実際に少し不満が残ります。確かに技術はまだ外に出ておらず、研究計画は2015年までにロットが衰弱しない装置を作る予定で順調に進んでいます。

AMDフェノムX3

AMD launches energy-efficient Phenom X3 processor

革新

約65ワットでTDP(熱設計電力)が削減でき、AMDのトリプルコアプロセッサーはエネルギー節減の真の革命と言えます。このプロセッサーだけでなく、それに続くエネルギー効率プロセッサーはスマートPC技術に取り入れられる傾向にあります。

使われ方

AMDプロセッサーのトリプルコア技術は色々なモードで電力消費を削減し、環境に優しいコンピューターを作っています。

先行き

私達は次の大きな何かが割り込んで来るまで、現在の技術を用いて如何に効率よくそれを使うかという「ガラスの天井」に到達しています。プロセッサーと電子部品の合成があり、次の2-3年が新たな刺激がやってくる時期かもしれません。

Today's Top Articles:

You may also like