Home 環境に優しい家 @ja 送電系統で生活するゼロエネルギー住宅

送電系統で生活するゼロエネルギー住宅

by admin

環境に優しい資源が与えてくれるもっともいい特徴のひとつは、送電系統を停止することが出来るという点だ。家庭で持続可能なエネルギーを作るその他の省エネの特徴と同様、光起電性パネルの設置や風力タービンは始めるのにお金がかかるかもしれないが、長い目で見れば大きな返しをしてくれる。このことを証明するもっともいい例は、ゼロエネルギー住宅だ。これらの構造は電気系統の供給に頼らないばかりでなく、エネルギーを余分に作ったときには、実際に送電系統にエネルギーを送ることが出来る。

 

ゼロエネルギー住宅に変わった築110年の家

アメリカのもっとも古い、築約110年のゼロエネルギー住宅ではじめるのはどうですか。ずっとこのようになっているのではなく、明らかにミシガン州のこの家は電力供給さえなかった時代があった。しかし、屋根を覆う光起電性パネルで、今では毎年12500 kWhのエネルギーを作っている。10,000 kWhまでしか使用しないため、余剰分のエネルギーはメーター後方に変えることができる。

バージニア工科大学は、ソーラー十種競技のためにゼロエネルギーのLumenhaus住宅をデザイン

バージニア工科大学によりデザインされたこのゼロエネルギー住宅は、独立した状態で完全に電力を供給することが出来るために組み合わせる環境に優しい特徴がたくさんある。統合雨水収穫システム、電力を節約するLEDライト、そしてエネルギーを作り出してくれる2倍効率的なソーラー屋根がある。Lumenhausが思い描く独特な特徴はそのEclipsisシステムだ。これは、前もって予測した、そして現在の天候パターンに従って家庭の日よけ機能を自動的に維持するシステムだ。

ダウ・ケミカル社は、手ごろな価格のゼロエネルギー住宅を発表する

ダウ・ケミカル社とCobblestone ホームズ社との共同事業である、ビジョンゼロは、要求されるだけ多くの同一単位を作り出すための複製することができるモデルゼロエネルギー住宅だ。これらの手ごろな構造により、環境への負の影響を減少することができ、エネルギー目的のためにソーラーパワーを利用することができる。ダウ社により開発された特別な省エネシステムは、特別なLD照明ユニット、地熱ポンプ、そして進歩した断熱を含み、送電系統から解放された状態「ビジョンゼロ」を楽しむことが出来る。

ニュータウン建設業者によるゼロエネルギー住宅

デンバーの中心のこの環境に優しい住宅は、エネルギー消費を削減するためのたくさんの特徴を利用し、必要なエネルギー供給として代替エネルギーに頼っている太陽エネルギーと共に、住宅は、タンクなしの水ヒーターと、エネルギーの必要性を常にチェックしてくれる洗練された断熱システムの機能を持つ。さらに家庭エネルギー評価システムを統合している。これは、家庭のエネルギー消費と生産量を追跡してくれる機能を持っている。

VKRホールディングの大衆のためのゼロエネルギー住宅

デンマークの会社、VKRホールディングがデザインしたこのカーボンニュートラルな住宅は、「アクティブハウス」と呼ばれる原理に基づいた機能を兼ね備えている。斜めに差し込む天窓のようなユニークな配置を特徴に持ち、昼間は太陽の光を家の中に入れ、人口の光を排除する。ソーラーの屋根を持ち、タイトな断熱、そして最先端の天候管理システムを持っている。

Meditch Murphey建築のゼロエネルギー住宅

家庭を環境に優しいとりでにすることは、最高級技術をつめこんだもの以上の価値があるという哲学を信じながら、Meditch Murphey建築によるこの素晴らしいゼロエネルギー住宅は、生活を完全に持続可能な住宅にするために、窓の位置、適切な熱断熱、十分な緑、そして光起電(性)の屋根の使用に慎重に利用している。

ヘント大学のゼロエネルギー日曜大工E-キューブ住宅

箱から抜け出し、伝統的単調に繊細な多様性を加えた住宅がここにある。これはまるで大きな日曜大工プロジェクトで、コンパクトで最小主義の特性をもつシェルターを手早く容易に組み立てることができる。特別な断熱技術の使用と代替エネルギーによりゼロエネルギー住宅が生まれ、ベルギーのヘント大学がデザインしたこのEキューブは、ほとんどどこの都会の土地でも容易に当てはまることが出来る。

住宅建築業者の環境に優しい大建造物の影響

カナダのエドモントンのゼロエネルギー住宅は、両極に極端に近い場所を除き、地球上のほとんどどこでもソーラーが可能であることを証明する。屋根のソーラーパネルは、最適なエネルギーを作り出す配置に置かれ、断続的に太陽が隠れる曇りの日でも十分なエネルギーを作り出すことができる。

シカゴのほぼゼロ住宅

Farr AssociatesのJonathan Boyerがデザインしたシカゴのこのゼロ住宅は、蝶のような形をしたソーラー屋根があり、48の光起電性パネルを上方に折りたたんでいる。資源を生産する両エネルギーと雨水収集ユニットを二つの機能を兼ねている。

ゼロのサバンナiハウス

アップル社は、「iハウス」と呼ばれるおしゃれな住宅を作っている。しかし、建設しているのはClaytonホームズ社と呼ばれる会社だ。この住宅は、ソーラーパネルを織り交ぜた蝶の屋根を持ち、雨水の収集に役立てている。地熱ポンプと改良断熱を加え、環境に優しい技術を統合した住宅だ。しかし、iホームには例外もある。家庭の電気自動車すべての充電をすることができる風車だ。

Today's Top Articles:

You may also like