Home Autos @ja よく売れている電気自動車

よく売れている電気自動車

by admin

多くの人たちが、自動車産業に将来的視点で環境に配慮した純粋な省エネエンジンを求めた結果、ヨーロッパの5大標準ICエンジンをしのいで、ハイブリッド車が人気を上回りました。そうです。排気ガスを出さない自動車の話です。アクセンチュアは2015年までにアメリカだけで150万台の電気自動車が売れると予測し、中国は自国の電気自動車産業に150億ドルを投資することを誓言しました。

しかし問題点として、ICエンジンと比較した場合、コストが高いというという事実があり、充電できるインフラが不足していることによる「走行距離不安症」に直面することを恐れている人たちもいます。しかし、政府はそのような障壁を克服するために、方針と経済的誘因策を打ち立てましたが、省エネ分野が本格的に進行していくのは時間が掛かかるものです。そんな政府のだらだらした態度はもう十分です!実際の問題として現状人気のある8台の電気自動車を見てみましょう。

三菱 i-MiEV:

三菱 i-MiEV:

世界の6大自動車メーカーによるバンタム5ドア・ハッチバックの電気自動車は、日本は2009年7月、世界各国では2010年4月1日に発売されました。47kW(63hp)の永久磁石モータを搭載したこの自動車は、日本の走行距離テストで100マイル(160km)、そしてアメリカでは85マイル(137km)の結果を出しました。最高速度80mph(130 kmph)が出るi-MiEVは、2010年11月までに「元気に」5,000台以上を売り上げました。

価格: ベーシックESモデルは、わずか27,990ドル。

日産 リーフ:

 

日産リーフは、「LEAF」とも表記され、環境にやさしくてバクロニムで手頃な価格のファミリーカーです。将来を見据えて設計されたこの自動車は、日本の自動車メーカー日産が製造した5ドア中型ハッチバックの電気自動車で、2010年12月に日本と米国で発売されました。80kW(110hp)の同期電動機が組み込まれ、EPA都市走行距離で最高160キロメーター(100mi)、0-60の加速が9.9秒で、150km/h(93mph)以上の最高速度が出せることが売りです。さらに日産は、米国で2011年末までに10,000台の全電気自動車を有する初の自動車メーカーになりました。熱心に「省エネ」を取り入れたLEAFは、すでに2011年にワールドカー・オブ・ザ・イヤー賞を含むいくつかの賞を受賞しており、最も効率的なEPAであることを証明しました。

価格: 32,780ドル

 

テスラ・ロードスター:

これは普通のEVではなく、もはやピンナップです。カリフォルニア州の電気自動車会社テスラ・モータが製造した高級なBEV(バッテリーEV)スポーツカーは、アメリカにおいて初となるハイウェー走行が可能な全電気自動車です。さらにリチウムイオン電池セルを最初に使用した自動車でもあり、三相四柱248hp(185kW)の電動機がスポーツカーの動力源となり、世界で1,680台以上を売り上げました。また、このスポーツカーは3.9秒以内で0〜60mph(0-97 km/h)の加速力があります。ロードスターは、一度の充電で最高速度125mph(201km/h)、走行距離227マイル(365km)で、その高燃費性とパフォーマンス指数改善に真剣に取り組んでいます。

価格: アメリカで128,500ドル~、ヨーロッパで112,000ドル~(VAT以外)。

さらにテスラは、価格がロードスターのおよそ半分の内装が広いモデルSハッチバックを開発57,400ドル~。

 

Th!nk City(シンク・シティ):

環境にやさしい小型車両のシンク・シティは、2人乗り用と2+2シートのハイウェー走行が可能な電気自動車で、シンクグローバル社とパートナー企業のバルメットオートモーティブ社が開発しました。一回の充電で、最高速度110 kmph(68mph)、全電気走行距離160km(99mi)、加速度6.5秒で0〜30mph、16秒で50mphです。2011年までに米国で2,000〜3,000台の売上を見込んでおり、最近2,500台目のユニットを生産したことを発表しました。

価格: 34,000ドル

Zytekスマート・フォーツー:

もう一台の小型電気車両(実際にヨーロッパ市場で最軽量の自動車)スマート・フォーツーは、Smart GmbH社が製造したリヤエンジンの2人乗り用のシティーカーで、1998年のパリ・モーター・ショーでSmart City Coupéとして発表されました。現在は2モデル目となり、Zytek電気自動車が改良したバージョンになっています。70hp(52kW)の 横付けリアモータを機動力とし、最高速度を90mph(144 kmph)に制限し、加速度12.8秒で0-60です。世界中で40か国以上の市場へ発売される予定です。

価格: 12,000ドル

 

Miaマイクロバス:

「エコ」な成果物に関して様々な共同開発が行われています。電気マイクロバスMiaは、フランスとドイツのMiaエレクトリック社という名の小規模な会社が中国で電気自動車を生産する予定です。また、動力源となるバッテリーは、アメリカとイギリス、イスラエルに支社を持つEVidaが開発し、イスラエルで製造したものを2012年に発売予定です。バッテリーは2種類あり、1つは小容量なもので、8kWhリチウム・リン酸鉄バッテリーパックで55マイル走行することができ、もう1つはパワフルで12kWh走行距離最高80マイルのバッテリーです。自動車は重量が1,730ポンドと軽量フレームを使用することにより最高速度68マイル(109 kmph)を出すことができます。2011年までにヨーロッパで発売の予定をしており、2012年までにはアメリカ市場に参入すると予想されます。

価格: 27,908ドル

 

Wheegoライフ:

アメリカのメーカーWheego電気自動車が、中国のShuanghuan自動車のEVボディーを使用して製造したLiFeは、Wheego社CEOのMike McQuaryによると、「アメリカの創造の極み」の例です。どれだけの人がこれに賛同してくれるかは分かりませんが、この自動車は走行距離100マイル、高速度は65マイルで、この動力源は30kWhのリチウム(Li)鉄(Fe)リン酸塩バッテリーパックが使用されています。同社によれば、2011年1月時点ですでに500台の注文がありました。

価格: 32,995ドル

 

Mahindra Reva:

Reva社はインドで電気自動車技術の最先端の会社です。Mahindraで11億ドルを売上げた後、排気ゼロのMahindra REVAiが、次の戦略商品として計画されました。4人乗り(大人2人と子ども2人の)、最高速度80 kmph、7秒で0-40kmの加速度、価格はたった6,785ドルで、インドの核家族をターゲットとして発売されました。

価格: 6,785ドル

 

 

Today's Top Articles:

You may also like