車、乗り物

Maxximus LNG 2000:Maxximus Gがグリーン技術でスピード新記録樹立

現在、もっとも誤解されていることのひとつは、グリーンな自動車は、ガソリン燃料の自動車に馬力とスピードの点でかなわないというものです。ただ、この認識は、エコフレンドリーな自動車を製造できることを示した現代のエンジニアによって改められました。その自動車は炭素排出の多いエンジンを搭載した自動車と同程度のパフォーマンスを備えています。Maxximus G Forceは、数年前、ガソリンエンジンで数々のスピード新記録を樹立してきましたが、今はチームにより再整備され、グリーンなオーバーホールを経て、液化天然ガス(LNG)でも走るようになりました。LNGを燃料とする新しいMaxximusは先代までの記録を破りました。

電気自動車用のワイアレス充電器が今後10年間で開発される

電気自動車は社会に徐々に広まってきています。しかし電気自動車が従来の車に取って代わるまでには、まだまだ時間がかかるでしょう。電気自動車は、 ドライブを環境に優しいものにする手段ですが、そのいくつかの短所が市場の成長を妨げています。例えば、充電ステーションのが十分にないために、長距離の移動中にバッテリーの充電ができないことなどです。電気自動車は走行距離が限られており、充電ステーションの不足により大半の人々が電気自動車を選ばないのです。またすぐに給油できる従来の車と違い、電気自動車の場合はフル充電するのに1-2時間かかります。そんな中、アメリカ・エネルギー省が電気自動車の需要を飛躍的に高める、ワイアレス充電器の開発を発表しました。

フロッグラナ2、電動自転車のコンセプトは交換可能なバッテリー

約25年前、アップルデザイナーのハルムート・エスリンガーは休暇を取って、現代的電動自転車について創造力をフル回転させ洗練されたアップルコンピュータボックスを操作していました。そうして出来上がったのがフロッグFZ750で一般的にラナと呼ばれています。そして今フロッグは次の段階へとアップグレードされようとしています。ラナ2はバッテリーで動き交換が可能です。

『キメラRR AEDC』 ドリフトのために作られた世界初の電気自動車

これに詳しくない人の為に、ドリフティングはショーのための車をわざとオーバーステアさせるモータースポーツです。これは真面目なスポーツで、毎年世界中から集まったプロフェッショナルが、通常スピードやライン、角度やショー的要素で判断されるコンテストで競います。次回はここで見るキメラRR AEDCが登場する予定です。この写真の車はメーカーが「ワールド」と名付けた、ドリフティングの為に特別に作られた最初の電気自動車です。

Scroll to Top