ミスク

進化の技術:オランウータンは巣作りの賢いエンジニア

まだ「進化」を見解と見なして、科学的に反対する人がいることに驚かされます。ある人は理論の本質を無効にするために長々と歪曲した議論にふけることがありますが、私たちはすぐにその巣を暴くようなことはしません。代わりに、マンチェスター大学の学生は、進化において今日存在する、人間に最も近いオランウータンが、インドネシアの熱帯雨林のこずえに巣を作る方法を研究しました。

13歳のケニアの少年がソーラーパワーのLED装置でWライオンを追い払う

私達の様に都会で生活する者にとっての大問題はラッシュアワーの交通渋滞の前に行こうとする傾向があります。ゆっくりと夜を過ごすために家に早く着くと奇妙な電力停止やインターネットの停止があります。季節によって雨や雪で少し不自由になる事がありますが、それについては非常に不便です。ライオンの襲撃を心配するのは私達の中で誰のリストの一番にはありません。しかしケニアのナイロビ国立公園ではライオン襲撃の可能性はかなり現実的で、放牧する為に牛を外に連れて行く時危険度はより高くなります。

女性冒険家サラ・アウテン氏、手漕ぎボートで太平洋横断へ

人力による旅は、誰もができる最もスリルのある冒険です。冒険は、自分自身、自然、エコロジーに触れ、自分の限界を探求する機会です。26歳の冒険家サラ・アウテン氏が2011年4月自宅を出発し、すでに欧州、中国、中央アジア、ロシア、日本まで到達しました。同氏は、カヤック、自転車、21フィート(6メートル)の 手漕ぎボート「ガリバー号」で旅をしています。最大の困難は、太平洋の手漕ぎ横断が待っていることです。ガリバー号だけで7ヶ月もの間何千マイルもの距離を航行することになるのです。

Scroll to Top