Home Architecture @ja デザイナーがソウルの商業地用にペントミニアム構想

デザイナーがソウルの商業地用にペントミニアム構想

by admin

韓国の首都ソウルは、数多く提出された事業計画によって、大きく変化し始めているように思えます。街の景観を変え、かつ外国の取引客を引き付けるための都市の努力の一環として、ヨンサン国際ビジネス地区を事業対象地区として、各国のデザイナーや建築家から事業計画を募集して、構想を練ってきました。シカゴを拠点とする建築デザイナーのマーフィー/ヤーンは、ペントミニアム構想を提案しました。これは320メーターの高層住宅を建設して、特別な顧客に都市空間での素晴らしい生活を提供するというものです。

Murphy by Jahn Designs Pentominium for Seoul’s Yongsan District

ヨンサン商業地のプロットR5が、プロジェクトの実施場所となりました。通常の個人住宅地のように厳重にプライバシーを厳重に守ることが標準となり、この場所は世界に知れわたることでしょう。タワーは排他性を保つために、階ごとの居住単位を少数に抑える予定です。建物のコアは街の中心から北東の高台へ移します。これは、居住者から南西側の魅力的な風景が見えます。結果的にU字型の利用可能領域は、1階当たり1~4ユニットに分割することができます。

ユニットのまわりのファサードにより、取り囲まれたバルコニーや大きな出窓、ウィンター・ガーデンなどを容易に作れるようになります。高条件なプライバシー保護のため、さらに鉄筋がバルコニーの外側に目隠しとして加えられます。

しかし、この目隠しはプライバシーを保護するためだけのものではありません。建物のファサードの室内温度を下げるために影をつくり、外部から見た場合に整備された外観を維持し、部屋内部の射影やバルコニーのインサート鋼材を可能にするフレームワーク構造を提供するなどの重要な役割を果たします。

高層階にはスカイパークがあり、そこで居住者は運動スペースや瞑想スペース、散歩エリアのようなアメニティーを楽しむことができます。2つのタワーは、内装と外装にある連絡通路によってつながっています。このスペースは個人の庭園や、空中のラウンジとしても使うことができます。

さらに、プライベート・フロア・ユニットとして個人用の屋上庭園が、希望する居住者のために設けられます。駐車に関しては、居住者が地下に乗り物を収容し、各階からエレベータで利用することができます。

Via: Bustler

Today's Top Articles:

You may also like