Home Uncategorized 環境に優しい内装ドア

環境に優しい内装ドア

by admin

環境問題に知識がある社会では、環境責任に対するアプローチは体系立っています。環境に優しい基幹設備や建築は、今や社会的・経済的義務になりました。デザインから建設、運用、メンテナンス、そしてリフォームに至るまで、そのアプローチは資源効率・エネルギー効率の良いものである必要があります。環境に優しい建物に使われる手法や技術は常に進化し、場所により異なります。ドアは内装、そして持続可能な家には欠かせないものであり、私たちは環境に優しく長持ちするドアを必要としています。環境に優しいだけでなく、家の美しさを増すこともできる、入手可能なドアの例をいくつかご紹介しましょう。

Eco-friendly doors

1.再生木材から作られたドア

再生木材または古い木材に使われるのは、工場や古い小屋、城、倉庫、防雪柵などに使われていた木材を再生したものです。再生木材から作られたドアには様々な色があり、新しい木材にはない美しさがあります。年代を重ねた木材独特の魅力があり、新しく伐採された木材よりも安定していて、耐久性にも優れています。すでに熱や湿度にも晒されてきているので、天候や暖房から影響を受けることも少ないです。

 

2.熱結合ドア

熱結合ドアは、高品質の再生木材の心材を高熱・高温で結合させた薄板で作られます。再生材から作られているので、森林保護や価値のある古い木を守るのに役立ちます。エネルギー効率がよい方法で製造されたドアには抗菌シールドが貼られています。エネルギーを節約することができ、暑い地方で大変役に立つドアです。

 

3. 竹製のドア

環境に優しい竹製のドアは、上等で魅力的です。美しさと耐久性の比類ないコンビネーションを実現する竹製のドアには、時代を超えた独特の魅力があります。竹製ドアは、ポプラ材のLVL(単板積層材)の心材を堅い竹で覆って作られます。パネルはMDF(中質繊維板)を心材として堅い竹の合板で作られます。特別な製造技術により、竹製のドアは極端な天候の変化の下でも安定しています。また竹は成長が早いので、竹を使ったドアが環境に影響をあたえることがありません。

 

4. UPVC(硬質ポリ塩化ビニル)のドア

UPVCドアは、エネルギー効率の良い方法で製造され、二酸化炭素排出量が少ないのが特徴です。またUPVCは完全に再生・再利用が可能なため、環境に優しいものであると評価されています。カルシウム亜鉛安定剤を使用することにより、過酷な気象条件に対する耐性を増しています。経費効率も良く、従来の木製や金属製の窓の代替品として設置することができます。UPVCを使うことは、森林伐採量を減らすことにつながります。

 

5. 中空金属ドア

長持ちし、耐久性がある金属製のドアは、環境に与える負担が少ないです。中空金属のドアは、長持ちし、効果的なものであり、弾性に富み、強くて火気や水、厳しい気候に耐性があります。また中空金属で作られたドアやドア枠は、使用後にはただ捨てられるのではなく再利用ができるので、エコ・ムーブメントにぴったりです。金属製のドアは、木材など新しい原料の需要量を減らすことに役立ちます。

 

6. 合成木材のドア

このタイプのドアは、副産物である木材チップから作られた合成木材から作られています。耐久性のあるこのタイプのドアは、環境に与える影響も少ないです。また気候の変化にも耐性があります。合成木材は、製材に使われるのと同じ広葉樹(堅材)や針葉樹(柔材)で作られています。おがくずや他の木屑を原料として合成木材は作られています。またリグニン(木質素)やセルロースを含むライ麦や麦、米の藁、サトウキビ殻などからも同様の木製ドアをつくることが可能です。合成木材ドアは、木が持つ自然で優雅な印象をあたえます。また塗料やニスで簡単に美しく仕上げることが可能です。木を有効に利用することが可能であると言えるでしょう。しかし、合成木材のドアは無垢材に比べ燃えやすく、材料の製造における必要エネルギー量が多いのがデメリットです。それでもなお、ベストな内装ドアであることは間違いありません。

 

7.木材プラスチックドア

このタイプのドアは、木繊維とプラスチックから作られています。これに加え、パルプ繊維やピーナッツ殻、麦や米のわら等のリグニンやセルロース繊維を含む原料を使うことも可能です。その製造過程は非常にエネルギー効率が良く,完全にリサイクルが可能なので、持続可能で環境に対し健全な建材と言えます。また腐食せず、害虫の進入に対しても高い耐性があります。成分である木繊維は水分を吸収します。主なデメリットは、火がつきやすく、添加されるポリマーや接着剤により耐用年数が短めで、限られた回数しかリサイクルできないという点です。


Today's Top Articles:

You may also like