Home Architecture @ja パリの公園に育児所の建設を提案

パリの公園に育児所の建設を提案

by admin

すべてが計画通りに進むなら、フランスの建築家Djuric Tardio氏が設計した木造ティーピーはパリの公園に建ちはじめるかもしれません。まだ構想の段階ですが、デザイナーは、この設計を大量に建築することができれば、パリの公園の育児所として役立つかもしれないと考えています。STICKSと名付けられたこのプロジェクトは、建物を自然環境の中でセット・アップしやすいインフラストラクチャーであると考えています。

Sticks by Djuric Tardio Architectes

STICKSは円形状の3階建ての建物で、2階は約12人の子どもを収容できる教室になっています。目隠しとなる木製の棒が円錐形状に建物を取り囲みます。1階部分は子どもの教育活動に使用することができ、最上階は公園を一望できるテラスになっています。

保育園の需要は高いのですが、建築費用が高価なのです。そのため、親には高価な保育園に子供たちを入れるという選択肢しか残っていません。STICKSは建築が早くて安価で済むので、現状を変えることができるかもしれません。

Djuric Tardio氏は、パリに保育園が不足しているという事実を知ってから、このプロジェクトのアイデアが浮かびました。デザイナーは、他の施設とは違った有毒化学物質を浸出しない自然で環境にやさしい材料を用いて建設したいと考えていました。コンセプトとして、インフラストラクチャーのアスペクトを伴う複雑な決定プロセスを回避するために考案されました。建設プロセスを簡単にするということは、メーカーは建設の妨げとなる骨の折れる官僚的形式手続きを行わないということです。

持続的、環境的に公園の真中に育児所を建築することが可能かどうかを疑っている人のために、Djuric Tardio氏は、STICKSは公園の使われていない部分に建築するという見解です。休憩時間は子どもたちが緑の中で青葉と遊び、閑散時には緑の中でくつろぎ時間を楽しむことができるのです。

Via: Dezeen

You may also like