ソーラーパネルを買う前に知っておくこと

エコフレンドリーな人にはソーラーエネルギーで発電することをお勧めします。ソーラーパネルは節電、省エネ、経済的な生活に役立ちます。環境保全意識の高い人々であれば、ソーラーパネルを取り付けるアイデアを検討する前に、考慮するべき様々な側面を知っておくべきです。そこで、少々アドバイスを差し上げたいと思います。

Solar Panels

ソーラーパネルの寿命

ソーラーパネルの耐用年数は最大30年で、毎年効率が約 0.5 %ずつ落ちていきます。毎夏、メンテナンスの一環として数回洗う必要があります。清掃は、水道をホースにつないで、地面で行うようにしてください。15年目でインバーターを交換する必要があるでしょう。インバーターは、パネルからの直流電流を家庭で使える交流に変換します。部品に2000米ドル(16万円程度)と工費に400米ドル(3万円程度)ほど払うことになります。ただし、悪天候が続く時期には、その他の方式のエネルギーが必要となることにご注意ください。

認定済みソーラーパネル

ソーラーパネルを自宅に取り付けようという方は、パネルを選ぶ際に、UL(Underwriters’ Laboratories)規格認定済みのものを選んでください。安価なパネルには、UL認定でないものが多く、 CEC、 ISO 、TUV などの認定やその他の正規でない認定の製品ということになります。これらの認定は、製造基準を満たしてはいますが、UL認定パネルのように様々な方法で試験をしているわけではありません。

パネルを取り付ける業者

ソーラーシステムの取り付けは、認定を受けた電気技師あるいは資格のある電気技師に行わせてください。PV(Photovoltaic Wire/平角はんだめっき)ワイヤーによくある600ボルトもの直流電流は、危険な状況をつくり出します。これは配電網によります。さもなければ、地絡やフューズといった問題がしょっちゅう起こることになり、 システム全体の効率を下げるような不適切なワイヤーサイジングの原因ともなります。オフグリッドシステムがあれば、半端なトレーニングを受けた人でも接続を行うことになります。

ソーラーパネルの方向

ソーラーシステムは、南西に向いた屋根に取り付けられるのが理想です。西と南も良いですが、南東、東、北、北西でもできなくはありません。一年中日光があたり、曇ることがないような場所に設置するのが良いのです。太陽光発電の敵は影です。ソーラーパネルを取り付ける際には、次の10年間での木々の成長も予想してください。日光が出ない日には、地域の電力業者からの電気を使うことができます。ソーラーパネルは、家の屋根にインストールされるのが普通ですが、自宅がパネルの重さを支えるだけの安全な構造を備えているか、常に気を付けていてください。

コネクタ

ソーラーパネルには、パネルの背面から突き出すコネクタを装備させるのが普通です。コネクタの中では、MC4コネクタが最も一般的です。このコネクタは市場で簡単に変えますが、少し値段が張ります。値段は50ドルから150ドル(4000円から1200円程度)です。その他の選択肢には、MC3とヘリオスがあります。ソーラーパネルについてくるのはジャンクションボックスだけで、コネクタが付属してきません。パネル同士をつなぐコネクタやコントローラに電力を送るコネクタが必要になります。理想的には、オスメス共用コネクタを買って、ケーブルの長さを半分にするのがお勧めです。

取り付け

ソーラーパネルは、備え付けの取り付け穴がフレームに空けてあり、取り付け用のねじとZ型の金具が付いてくるものもあります。これらのねじと金具を使うと、平らな表面への取り付けが容易に行えます。このような付属品が結果としてパネルあたりのコストを上げていることを忘れてはなりません。ソーラーパネルの取り付け方には、屋根一体型、屋根置き型、柱埋め込み型があります。

結論

ソーラーパネルは、環境保全意識が高く、同時に電力使用量と電気代を抑えたい人にはうってつけです。耐用年数は平均30年なので、最初の取り付ける時には注意する必要があります。さらに、効率を維持するには定期的な点検と手入れが必要です。ソーラーパネルは、エネルギーを静かに製造する担い手なので、ユーザーに優遇税制を与える政府もたくさんあります。ソーラーパネルからの再生可能エネルギーの生成は、投資としても有益で、この技術は世界中の人を引き付けています。その利点は、エコな人にとっては良いアピール材料となります。

Today's Top Articles:

Scroll to Top