ハンドメイドのテラコッタタイルはあなたの居間に自然の趣ををもたらします

『ゴーグリーン』(環境に優しくしよう)は最近のトレンドです。人々は今日環境に対する関心を高めています。私達を取り巻く全ての環境に取り組むために意識的な努力がされています。私達の住宅も例外ではありません。フローリングは私達の家には不可欠な要素で床のタイルは基本的な選択肢です。最近ではセラミックや木材、石、金属やガラス等沢山のタイルがあります。粘土製のタイルも環境に優しく徐々に人気になっています。

Cool and Traditional

遠い昔から粘土は人間の住む所にあり、外装や内装に使われていました。住宅や美術品にも粘土は人間の歴史と同じくらい長く使われてきました。粘土を焼いたり加熱したり、基本的な土器の種類で「テラコッタ」として知られているものは石の代用品としても使われています。インディアンや中国人文化では無くてはならないものです。テラコッタタイルは寺院の壁の装飾として使われていました。近代ではテラコッタタイルは美観だけでなく環境への配慮も考えて使われています。種類が多く価格の割には品質が良いので、これらのタイルは建築家や家主の間で好まれるようになってきました。

特徴

テラコッタタイルは水、粘土、火、の自然の要素で作られています。それらは通常手作りで焼かれるので全く同じテラコッタタイルは2つとありません。これらのタイルの色は、蜂蜜色、オレンジ、ダークレッドや茶色などがあります。ハンドメイドタイルの厚さは通常25mmです。テラコッタタイルには様々な模様と形、サイズがあります。幾何学的な物、模様のないもの、花の模様などが人気です。

耐久性

適切に焼かれたテラコッタは空気や他の要素の影響をうけません。しかし通気性があるので密閉処置が必要です。一度密閉処理されたテラコッタタイルは耐水性と共に耐熱性もあります。それらはまたバクテリアやアレルゲンにも耐性があります。これらのタイルは通常のタイルよりは硬くはありませんがより高い耐久性があります。

適合性

密閉処理されたテラコッタは何処にでも使用できます。フローリングの他に屋根や壁にも使われます。その性質からこれらのタイルは中庭や車寄せにも使用されます。リビングやキッチン、寝室等、住宅の中にも好んで使われ、これらのタイルは従来のタイルの様に足元に寒さを感じません。テラコッタタイルは極めて優れものです。

テラコッタタイル施工のヒント

テラコッタタイルを施工するのは比較的工程が複雑で、一番良いのは専門家に依頼する事です。施工には通常2日間かかり、グラウト(隙間に注入するモルタル)を注入するには精度を必要とします。

施工する床は清掃され硬く乾いていなければいけません。テラコッタタイルはビニール製の床にも施工することが出来ます。他のタイルが床材に使われている時はまず取り除く必要があります。薄いセメント接着剤を使います。グラウトを注入する前に少なくとも24時間は乾かしておきます。

テラコッタタイルは綺麗に平らにはなりませんが、削り取るとガラス状の層が剥げてしまい通気性を与えてしまうのお勧めできません。

手入れ

テラコッタタイルは手入れが簡単でシンプルです。テラコッタタイルの床は全体を綺麗にしてから穏やかな家庭用洗剤とモップで清掃するだけです。時間が経つとグラウトが黒ずみ汚れるので、綺麗にする為にグラウトクリーナーが必要になるかもしれません。マーケットには幾つかテラコッタ用グラウトクリーナがあります。

利点

環境に優しいテラコッタタイルは耐熱耐水性があり、バクテリアやアレルゲンにも耐性があります。それらは家のどこに使われても適合し年月と共に美しくなります。通気性を持たせると部屋に気候のバランスをもたらします。最後に、それらは丈夫でお手頃価格で手入れも簡単です。

欠点

密封処置が必要で、粘土は焼かれると縮むので綺麗に平らにはなりません。施工には時間がかかり工程は比較的複雑です。

テラコッタは時の試練にも耐え、中世でも住宅の外装や内装に広く使われていました。昔、多くの家の一部となっていた事が忘れ去られ、今環境に優しいこのタイルはゆっくりと戻って来ています。近年環境を意識する社会で、テラコッタタイルは明らかに住宅に自然な外観を与え、よりエレガントなより環境に優しい生活を与えてくれています。

 

Today's Top Articles:

Scroll to Top