Home Uncategorized 太陽電池と真空断熱材を持つ『ソーラーフローティングリゾート』

太陽電池と真空断熱材を持つ『ソーラーフローティングリゾート』

by admin

「もてなし」と言葉は、その視野の範囲を計るのは非常に難しい困難なくらい色々な意味を含みます。『ソーラーフローティングリゾート』は科学の進歩とデザインを一つにした好例です。全て一つに纏った構造でヨットと潜水艇の特徴を備え全てを自給自足しています。公害出さず周囲と調和しています。下部にある球状の観測室も魅力的で、魚やイルカやサメ等海洋生物 が水中を泳ぎ回るのを生で見ることが出来ます。

Solar Floating Resort

リゾート開発は将来のビーチリゾートに高い水準を置いています。6人乗りで幾つかの設備を積むことができ長さ20mで海岸沿いのホテルと関連するかもしれません。浴室とキッチンを完備する一人用と2人用の寝室が2つずつあり、ラウンジと操縦室があります。非常に画期的なこのリゾートの特徴は完全に水中に沈んでいる球状観測室で、厚いガラスの小部屋に6つの肘掛椅子を備えています。

これは一つに組み立てられたモジュール構造で、SRFは中央のタワーと中央デッキを作るための32の組み立てユニットで構成されています。20数個の組み立てユニットは居住区をつっています。これらの組み立てユニットは、ガラス繊維で補強されたバルサ材を合成して作られています。それは軽量で高い構造機能を持ち、組み立て材として最も適したものです。2枚の外板構造で外板の外側と内側には湿式太陽電池が嵌め込まれています。2枚構造の外板は外側が太陽光を吸収し内側は内部の人工照明を吸収します。2枚の板の間の断熱材は外気の状態とは関係なく内部の温度を維持するのに役立ちます。

湿式太陽電池は乾電池そのものと、近くのサンゴ礁に行くための推進システムの両方に電力を供給します。湿式乾電池に含まれる光吸収染料は光を電気に変えます。これらの染料はクロロフィルがベースとなっており人工光合成の化学的工程の役割をしています。電流は電池に蓄電され直交変換装置が直流を交流に替えます。

太陽電池と真空断熱材と軽量の組み立て材にまとめ、美しい外観で環境に優しく公害を排出しない等全て容易な事ではありません。太陽エネルギーの利用は普通ですが人工照明からエネルギーを再利用するのは新しいコンセプトで、これが成功すれば新しい道筋を作るでしょう。

Via: ビハンス

Today's Top Articles:

You may also like