「センペル・アウグストゥス」に触発された橋梁のコンセプトと5つの要素

バージンソラリスは私達が今日までに遭遇した中で最も目を見張るコンセプトの作品の一つです。最も象徴的な花で広く知られている、今では普遍的に有名な『チューリップマニア』に触発されただけでなく、5つの要素を一つのデザインに融合させています。概念が議論するのは、エネルギーの連続的な流れを持ちながら太陽光発電する自立性維持装置やそれが超伝導体に変わる状態です。非常に懐疑的なの事は寿命が短いのではないかという部分で橋自体のデザインは非常に魅力的です。

Quixotic Architecture  Iconic Pedestrian Bridge

バージンソラリスは「チューリップマニア」の時代に最も高価な花で、この橋に華麗なインスピレーションを与えたチューリップ「センペル・アウグストゥス」のデザインを模倣していて、アムステルダムに建設される予定です。非現実的な建築物の考え方は、まるでそれ自体が花の様に5つの異なる部分によって構成されています。アーチ状の柱と葉を模倣した柱はどちらも橋梁のある川の西岸に設置され、アーチ状の柱は冷却効果を得るために水面下に沈められています。

対岸にある花の蕾を模った建物は、コーヒーショップや自転車修理施設(これは環境に配慮した移動手段を大きく意識したものです)レストランやハルミタージュ美術館になる予定です。 建物の設計者達はまた、「プラズマと量子館」を含む5つの要素を融合する事について、如何にエネルギーを生産するかまた完全自主自立型エネルギー構造を構築するために力を合わせている、と言います。

フィラメンテーションについては建物内のプラズマの流れを利用して、夜間は魅惑的で驚愕するようなユニークなビジュアルを作りあげるとも述べています。現在の環境保護技術をいっそう現実のものにする為に、実際にそれを組み込んで使用されるのを意外に早く見れるかもしれません。

Via: アーキテクチュアル

Today's Top Articles:

Scroll to Top