なぜ環境に優しいベニヤ合板を選ぶのでしょう?

環境を保護する最善の方法は環境に優しい建設材料や製品を使用することです。とは言え、これは小さなステップのように思われるかもしれませんが、しかし、長い目で見れば大きな違いが出て来るのです。環境に配慮した居住空間を建設する、あるいは改修する際には、環境に優しいベニヤ合板が最良の選択肢のひとつになることを覚えておいてください。それは商業用および住宅用の両方のプロジェクトに用いられています。ここでは、特異点や種類、ブランド、代用品および環境に優しいベニヤ合板を選択する理由が述べられています。

Eco Friendly Plywood

通常のべニア合板とはどこが違うのでしょうか?

ベニヤ合板は多目的な建設材料です。それは、何枚かの木材の小片を、接着剤を用いて貼り合わせることによって作られますが、接着剤は、家族の健康を害することもあるホルムアルデヒドとして知られる有毒ガスを放出します。さらには、屋内の居住空間に用いられれば、空気伝染病の原因となることもあります。各メーカーはここ数年、通常のベニヤ合板に比べて接着剤の使用量の少ない環境に優しいベニヤ合板の生産に取り組んで来ました。環境に優しいベニヤ合板は、各メーカーがさらに多くの木を植えている持続可能な森林から届けられたものです。さらに、この環境に優しいベニヤ合板は接着剤不使用ですが、メーカーによってはごく少量のホルムアルデヒド(接着剤)を含む樹脂を用いているところもあります。

ベニヤ合板の種類

市場で手に入るベニヤ合板にはさまざまな種類のものがあります。プロジェクトの必要に応じて用いられます。よく知られているベニヤ合板の種類には、内装用、外装用、船舶用および構造物用などがあります。

ベニヤ合板の代用品

中質繊維(MDF)木材

中質繊維木材はまさしく環境に優しいベニヤ合板のようなものです。極めて細かいおがくずからできており、ぴったりと接着されています。その特徴は環境に優しいベニヤ合板と非常によく似ています。企業の中には、MDFの代用品や環境に優しいベニヤ合板が作っているところもあります。これらの材料はベニヤ合板の種類と全く同等であると思われ、まさに環境に優しいものです。環境に優しいベニヤ合板の種類を提供している企業には、スカイ・ブレンド、アリエス、メディット・ポリウッド、アンコール、およびメデックス・ポリウッドなどがあります。これらの製品にはすべて、ごく少量の樹脂が使われています。これらはまさに環境に優しいベニヤ合板材料と同様にかなり優れた機能を果たします。

環境に優しいベニヤ合板を選択する理由

環境に優しい:これは、利用者にいかなる病気や疾病をも引き起こさない、環境に優しい接着剤や糊を用いて製造されます。さらにこれは再生可能資源からできていて、あらゆる種類の居住空間用の装飾製品を作るのに役立ちます。

強度:これは、鋼鉄よりも丈夫な最高の天然産物です。環境に優しいベニヤ合板の交互層構造が家具をさらに丈夫にし、長持ちさせます。特に、床材に対しては毒性のないシーリング剤がより一般的に使われており、それは100%環境に優しいものです。

美しさ:設計者や建築家は、他のどんな材料よりも、良質で環境に優しいベニヤ合板を好んで使用します。その自然な美しさや光沢によって、内装がさらに魅力的で人目を引くものになるからです。これは人工的な材料を拒み、その図案や自然な模様と比べものになるような材料は他にはありません。

性能:消費者は高品質の木材を手頃な価格で手に入れることができます。これらの家具モデルの最良の特徴は、たわみや割れに強いことです。

多目的性:環境に優しいベニヤ合板を用いて、さまざまな寸法や形状の、非常に数多くの製品が製造されています。円屋根やボーリングレーンのガター、椅子の座部および背もたれ、ピアノなどは、曲げられたベニヤ合板から作られた製品のもっとも良い例です。

耐久性: ベニヤ合板製の家具はさまざまな等級のものが手に入りますが、たいていのメーカーは、品質を長持ちさせるために必ず最高級のものを用います。たとえ低等級のベニヤ合板を合わせるとしても、それらは家具の背面にしか用いません。これによって利用者は、環境に優しい家具を一生ものの財産として持ち続けられるようになります。

環境に優しいベニヤ合板を用いた建物

購入者は、ベニヤ合板の製造に用いられた樹脂の品質や種類を確認しなければいけません。さらには、ホルムアルデヒドもしくはフェノール樹脂の含有量の少ない種類のベニヤ合板でできた製品を選んだほうが良いでしょう。これらのベニヤ合板製品は再生や再利用が可能であり、環境に優しい材料を購入してくれる消費者は、さらにこのような環境に優しい材料を生産しようとする大手メーカーや企業にとっては励みとなることでしょう。

結論

環境に優しいベニヤ合板は樹脂不使用の材料であり、コスト効率が高く、丈夫で、従来の形態のベニヤ合板と比べて重さも軽量です。多くのメーカーが、自社製品への接着剤の使用量を減らすことに重点的に取り組んでいるため、今日ではほとんどの内装に用いられています。環境に優しいベニヤ合板を見つけ出す簡単な方法は、地元で育てられて生産されたものを使用することです。それが輸送コストの節約に大いに役立ち、そのことが母なる地球へのダメージを軽減するもうひとつの方法になるのです。

 

Today's Top Articles:

Scroll to Top