窓の改築における省エネ効果

環境にやさしい製品や省エネ住宅が今日の風潮になってきましたが、窓を改築するだけでも光熱費の大幅な節約と省エネ効果があります。家の所有者が、厳しい気象状況における断熱の省エネ効果としてどこを修繕するかを選ぶとすれば、窓を新しく変えることによって確実に室内の暖気を外に逃がすことがなくなります。この記事は、窓を交換する際に考慮して欲しい様々な考察をご提供します。

Eco friendly ideas for replacement windows

材料

窓の改築を考える場合は、最高レベルの裏張りによって光熱費を下げることができることに注意して選んでください。その選択肢の中にビニル製品を考慮することができます。一般的にPVCとして知られているビニルは、優れた裏張りがある一種のプラスチックです。ポリ塩化ビニルから作られているので修理が発生しません。従来の木製の窓とは違って、PVCの窓は剥がれやくずが発生しません。ビニル製の窓はよい裏張りがあり、過酷な天候にも耐えることができます。さらに、耐久性があり、どの部屋にも合うような光沢さがあります。PVCの窓に変えると劇的に光熱費を下げることができます。

エネルギー効率

PVCの窓を捜す場合、UアスペクトとRアスペクトの2つのアスペクトに気をつける必要があります。Uアスペクトはエネルギー効率を指し、Rアスペクトは断熱性を指します。Uアスペクトは熱が窓から逃げる割合です。Uアスペクト数が低ければ、窓の断熱効果が高いことになります。Uアスペクトが0.35以下の場合、PVCの窓はエネルギー効率が良いと見なされます。Rアスペクトは窓が遮断する熱損失の程度です。Rアスペクトが高いほど、熱の損失が少ないことになります。したがって、家の窓の改築する場合、断熱性に加えてエネルギー効率も良い窓にするために、これらのアスペクトを覚えておいた方が良いでしょう。上記のアスペクトを備えたPVCの窓を設置することは、高熱費を減らすことができるばかりでなく、省エネにも貢献することができます。

窓ガラスのはめ込み

窓を交換する際に考慮するべきもう1つの重要な点は窓ガラスです。通常は、二重ガラスか三重ガラスのいずれかを選びます。二重ガラスでは、PVCの窓は、レサージック・ガスが2層になりますが、三重ガラスでは、PVCの窓にレサージック・ガスを3層に詰めることになります。高エネルギーの効率については、三重ガラスのPVC窓が最上です。さらに、三重ガラスは二重窓と比較すると優れた裏張りがあります。三重ガラスのPVC窓は、一般にスカンジナビアのような気候の厳しい国々で使用されています。

日射熱取得率

日射熱取得率(SHCG)は、窓の外部環境からの熱分散率をテストする方法です。SHCGが低ければ、窓が外部からの熱に対する抵抗力が高いことになります。SHCGテストは窓の断熱性が光熱費を下げることができるか否かを保証する重要な項目です。これらの特徴も考慮するべきです。

換気テストと防水テスト

SHCGテストの他に、もう2種類のテストがあります。それは換気テストと防水テストです。換気テストは、外部環境から室内に窓から入ってくる空気量を測定します。換気量は0.30以上あってはいけません。したがって、数値が低ければ、それだけ密閉度が高いということになります。同様に防水テストは、窓が抵抗できる圧力と水量を検査します。数値が高ければ、窓の抵抗能力が大きいことを示します。窓のエネルギー効率を高めたければ、これらの揚水試験を考慮することも大切なことです。

結論

PVC窓は従来の窓と比較すると、より長持ちします。たとえPVC窓製品の製造にあたり、有害な温室効果ガスを排出したとしても、省エネ化とエコ住宅に貢献します。従来の木製窓は木を伐採して作るので、PVC窓に取り替えることは森林の木々を保存することになります。したがって、既存の窓枠の交換を検討する際には、上記の要因も含め、PVC窓にすることをお勧めします。

 

Today's Top Articles:

Scroll to Top