古い材料でダブルハング窓をつくる

ダブルハング窓(上下のサッシュが上下に開く窓)は昔からあり、今でも家の窓として大変人気があります。このタイプの窓は、大抵の家に適しています。そして、ここをこうしたい、という自身の希望に合わせて、ダブルハング窓を自分でデザインしようとする人が多くいます。この窓に向く原料は何でも使えますが、ダブルハング窓には古い素材を使う人が多いです。

古い素材を使ってダブルハング窓をデザインする時には、気をつけなければならないことがたくさんあります。実際に作業を始める前に、必ずデザインへの影響を考えましょう。またデザインの特徴も確認しましょう。

1. 素材の選択

古い材料には、簡単に手に入るものが非常に多くあります。選ぶ時には様々なことを考慮しますが、特に窓を取り付ける場所の気候を考慮します。

2. 木を使ったダブルハング窓

ダブルハング窓のデザインに、木材は向いています。木はこの窓に使われる材料の中でも、最も古くから使われているもので、その耐久性が好まれています。木を使ってダブルハング窓をデザインする時には、以下を行いましょう。

  • まず、窓のデザインと大きさを選びます。
  • 次に、設計の通り木をカットします。様々な形や大きさにカットする必要があるので、注意して切りましょう。カットするために、いくつかの道具をレンタルするしたほうがよいでしょう。レッドセダー材は良い選択です。
  • 木のパーツは鉄の棒を使ってつなぎあわせます。
  • 塗装は、窓の取り付けが終ってからにします。取り付ける前に塗装すると、取り付け作業中に塗装が剥げてしまうことがあるからです。
  • ガラスはプレーンなガラスが使われますので、ガラス選びは大変ではありません。

木は、全天候型の素材ではありません。年間降水量の少ない場所での使用に向いています。

3.ダブルハング窓のデザインに鉄を使う

木と同様、鉄も一般的に使われます。木と比べたとき、鉄にはメリットもデメリットもあります。鉄を使う場合のデザイン工程は木の場合と同じですが、木と違う点は、鉄はカットが大変なため、複雑な工具が必要になることです。そのため、自分で窓を作る場合に鉄は好まれません。鉄製のダブルハング窓は、大半の気候条件での使用に適しています。

4.プラスチックも選択肢のひとつ

鉄や木と同様、プラスチックもダブルハング窓の材料として昔から多くの人に好まれてきました。プラスチックの主なメリットは、どんなデザインや大きさにも向いているということです。またプラスチックは安価で長持ちします。しかし、同時に日の光の元では美しさが損なわれるというデメリットがあり、空気の乾燥した場所での使用には適していません。

プラスチックを使うときには、以下のことに気をつけましょう。

  • この素材は正確にカットしなければなりません。ほんの少しの変形が全体のデザインを損ないます。
  • プラスチックのパーツをつなぎあわせる時には火を使用するので、最新の注意を払って行います。

5.ダブルハング窓の取り付け

通常ダブルハング窓には、窓の上部と下部の2カ所にサッシュがついています。両方とも開閉が可能です。平衡装置で開閉し、その動きを支えています。平衡装置の自重でサッシュの重さのバランスをとっていますので、窓はどのようなポジションにも簡単にあわせることができます。

ダブルハング窓は、古い材料を使って簡単にデザインすることができます。また古い材料を使えば、経費を抑えながら望み通りのデザインができるなど、多くのメリットがあります。古い材料でデザインされたダブルハング窓は、今日のトレンドとなっています。

Today's Top Articles:

Scroll to Top