Home エコライフ オーガニックで自然な家のために再生原料の屋根を使おう

オーガニックで自然な家のために再生原料の屋根を使おう

by admin

あなたが屋根に選ぶ材料は、環境に対して大きな影響を与える場合があります。環境へのメリットから、次第に再生材を使った屋根が選ばれるようになってきました。屋根に再生材を1トン使用すると、17本の木と24,000ガロンの水、2.4バレルの石油を節約することができます。再生原料から作られる屋根には様々なデザインがあり、従来のものと変わらず魅力的な外観を実現することができます。さらに、再生屋根材は頑丈であることも証明されています。米国農務省の研究によれば、再生屋根材は熱による膨張や収縮が、一般的なプラスチックの屋根タイルに比べて少ないことが分かりました。様々な再生原料からつくられるそのいくつかを、こちらでご説明します。

再生タイヤ

再生タイヤで作るゴムの屋根板は、ベストな屋根材のひとつです。この屋根は、一般的なコンクリートやスレートのタイルよりも耐久性にすぐれ、信頼性があり、環境に優しいものとなっています。また他の一般的なタイルと比べて大変安価なのも特徴です。このタイプの屋根板は、タイヤのトレッド部分をカットして、それに熱を加えて作られます。その後、数種の細かいおがくずやスレートくずでコーティングします。これらのコーティング材もまた再生原料です。タイヤに元々ついているスチールベルトはそのまま残し、屋根材としての強度と耐久性を増します。再生タイヤから作られる屋根材は、Aクラスの耐火性を得ています。通常の屋根材に比べて非常に安価で、メーカーの30年保証があるものもあります。

再生金属

再生金属を使った屋根も、環境に優しい選択です。このタイプの屋根の原料はスチールやアルミで、古い耐久消費財や古い機械、古い車等、様々なものから取り出された金属を使って作られます。このタイプの屋根板の主なメリットには、非常に長持ちであること、また非常に軽量であることが上げられます。従来の屋根板に比べ、およそ3~4倍長持ちします。また再生金属を使った屋根は、耐久期間を過ぎたあと再度リサイクルすることが可能で、より環境に配慮したものであると言えます。

再生木材

古い家具から取り出された木材は、屋根材や家具の原料として使われており、屋根板の原料としても使用されます。通常、工場や橋、古い水やワインのタンクなどが原料として使用されています。屋根板として以外にも、丸太に似たこけら屋根にも使われます。古い木材から作られていますが、他の屋根材に引けを取らない耐久性があります。家の外観をもっと自然な感じに仕上げたい場合にふさわしい屋根材です。

再生プラスチック

古いプラスチックのバッグや玩具、ボトルなどを使って作られる再生プラスチックも屋根材として使用することができます。様々な形やデザインが可能なため、木材や金属の代替品として大変優れています。再生木材や再生金属の屋根と違い、再生プラスチックの屋根は湿気やバクテリア、虫や化学物質に耐性があり、メンテナンスの必要がほとんどありません。再生金属の屋根と同様、再生プラスチックの屋根は、耐用期間を過ぎた後、再びリサイクルが可能です。

再生スレート/再生タイル

現在、多くのスレートや屋根タイルのメーカーが、再生スレートや粘土タイルを製造しています。スレートは自然の原料なので、何百年ももつ耐久性に優れた屋根を作ることができます。再生スレートも、他の屋根材と比べて耐久性に富んでいます。こうしたスレートやタイルの再生屋根材を販売しているメーカーの中には、製品の100年保証をしているところもあるほどです。

再生カーペット

屋根板やタイルなどは、古いカーペットからも作ることができます。古いカーペットはいくつかの要素に分けられ、屋根板が作られます。他のどんな再生屋根材と比べても非常に軽量で、木材に似た自然な外観が生まれます。

これらのから、あなたの必要性に合わせて屋根材を選ぶことができます。従来の屋根材は耐久性に劣っており、このため排出される廃棄物は、毎年の都市固形廃棄物の3%を占めています。再生材の屋根を選ぶことの唯一の問題は、従来の屋根材よりも若干高いその価格です。

Today's Top Articles:

You may also like