石炭燃料発電の電気を使う電気自動車よりも環境に優しいハイブリッドカー

世界中で多くの人々が環境に配慮するようになった今、電気自動車が果たしてどのくらい環境に優しいのかを知ることは、大切なことです。Union of Concerned Scientists(憂慮する科学者たちの連盟)という非営利団体が、電気自動車と燃油自動車から排出される地球温暖化物質の比較を行い、その疑問に答えました。その研究により、燃費効率の高い車は、発電を石炭に頼っている地域で充電された電気自動車に比べて、公害物質の排出量が少ないことが明らかになったのです。

Hybrids are less polluting than EVs

「State of Charge」という連盟が発表した報告書では、アメリカにおける電気自動車は平均的に、ガソリン車よりも公害物質の排出量が少ないとうことが明らかになりました。一方で、電気自動車が排出する温室効果ガスは、その電気がどのように発電されているかによって異なります。

この調査では、車を巡って長年続く白熱した議論に焦点を絞っています。メーカーは電気自動車をゼロ排出と呼ぶことがありますが、それは完全に正しいわけではありません。電気自動車の動力である電気は、天然ガスや石炭を燃焼させることで生産されているからです。

よりクリーンな方法で発電された電気が供給されている地域で充電された電気自動車の燃費効率は、1ガロンまたはそれ以上あたり50マイルの燃油車と同等ですが、これは現在の市場でもっとも燃油効率のよいディーゼル車やガソリン車よりも良いのです。クリーンな発電方法の地域には、東岸・西岸のほぼ全ての州が含まれています。なぜなら、これらの地域の発電は、原子力発電や水力発電の割合が高いからです。そのため、全米の総人口のおよそ45%が暮らすこの地域は、電気自動車の使用にベストであると言えます。

科学者たちによれば、電気自動車に乗ることの別のメリットは、耐用年数を考えると電気自動車は高価ですが、従来の燃油自動車に比べてガソリン6000ガロン以上、およそ13,000ドルを節約できることです。電気自動車のドライバーや所有者は、電気自動車用の特別料金を適用することにより、電気代をカットすることができます。

 

Via: ucsusa

Today's Top Articles:

Scroll to Top