環境にやさしく継続的に入手が可能な材木の種類とは

木材はその多くの利点から、世界中でエコロジーのシンボルとして再生利用資源の中核をなす役割を果たしてきています。そのうえ光合成により二酸化炭素を使用するため、地球温暖化現象対策の主要対策素材としても重要な役割を果たしています。したがって、世界全体で木材はおよそ6380億の炭素を吸収するなど、木材はエコフレンドリー素材としては抜きん出た存在です。、また、森林は空気・水を清浄化し地面を固く保ち地すべりを防止します。このような性質を持つ天然森林は世界の90%の植物・花を育てる土台となっているのです。

再生可能な森林資源利用

ここまでは木材や紙資源を利用した製品の消費によって、経済に大きな発展をもたらす反面、森林破壊も同時進行してきました。この問題は以下に示す2つの要素に分析することができます。

1.再生利用:森林地域の利用によって、経済的・社会的・環境的の3要素のバランスを崩しかねません。再生のサイクルを無視して伐採のスピードを速めることで、社会的要素のバランスが崩れます。

2.森林保護と土地の利用:伐採のあとの森林はそれまでとすっかり機能の形を変えてしまうということを忘れてはいけません。森林再生は森林伐採時とは全く異なった方向性でアプローチすべきであるということもおぼえておく必要があります。

マネジメント形態

国連は”再生利用森林マネジメント”プランを採択し、現在そして次世代にわたる社会・文化・宗教的必要性のバランスを保つように尽力しています。このマネジメントスタイルには、エコフレンドリースタイルを実践するにあたっていくつかの主要ポイントが次のように挙げられています。

1.経済的側面:このマネジメントの主なコンセプトは「世代を超えて受け継がれる経済的機能としての森林利用をサポートする」ことで、木材生産に使われる一帯での木の伐採消費量にも監視を置いています。

2.社会的役割:当マネジメントは現場の地元コミュニティーの人権を尊重し、人種差別や違法児童労働撲滅にも眼を光らせています。加えて、正しい形での森林利用はエコシステムを拡大化させて生物形態やエコロジー過程に好影響を及ぼすとし、灌漑設備や受粉などにおいて管理がされています。

再生利用可能木材

森林管理組合の報告によると、再生利用資源としては抜きん出た存在です。たとえば木製家具などは有害化学品を吸収しづらく、木材のエコフレンドリー利用には最適です。再生利用に適したそのような木材を一つずつ説明していきましょう。

1.竹・籐:これらは中国・ベトナム・インドの一部などアジア広域にわたって栽培されています。竹や籐は成長が早く、肥料と害虫対策が大きな鍵となります。栽培4年経過時に伐採利用可能で、その際に大きな見返りをもたらしてくれます。竹は硬い素材を生かし、土台として家具や調理器具に利用され、籐に至ってはエコフレンドリーで環境にやさしい形の屋外家具全般に重宝されます。

2.マンゴー:マンゴーの木については100%再生利用可能であるということは広く知られています。マンゴーはアジア地域において巨大プランテーションで栽培されており、主食として重要な役割を果たしています。木自体はある程度成長するとそこで成長が止まるため、どのみち切り倒されなくてはなりません。

3.松:松はその栽培を集中したエリアで行い、早い生育スピードということもありその材木は重宝され、再生利用のために継続栽培のサイクルも可能です。その結果、北半球においては商業用としては最適で建築用としても利用されています。

4.メープル:他の木々とは違って、メープルは高品質の硬質木材で世界中に様々な種類が栽培されています。食材の飾りとしても再利用されるほか、家具や楽器ひいてはスポーツ用品にも使用されています。

結論

このようなわけで、家具は古くても再生利用できる天然木製を使用するのが環境にやさしいといえるわけで、実際に世界各国の間でもリサイクル木材を安く買えるようになってきており、その環境に与える効果に対する理解も高まってきています。しかし将来の環境を考えたときに、再生利用可能な木材を使用した製品を選ぶことが必要となってきます。

Today's Top Articles:

Scroll to Top