Home エコライフ 天井の模造の梁をエコにするには

天井の模造の梁をエコにするには

by admin

近代では、天井に模造の梁を付けるのが流行っており、多くの人が希望するようになっています。家の価値を上げ、美しさに磨きをかけるものとして考えられており、短時間で設置が可能です。模造の梁を作るのはさほど難しい事ではなく、基本的な作業方法の説明だけで誰にでもできます。模造の梁を作るには様々なオプションがあり、もっとも利点として考えられるのが環境に影響することなく、地球に優しいものであると言う事です。

Eco-friendly options available to create false wood ceiling beams

考えておかなければならない重要なポイント

模造の梁は、家の屋根として考える人がいます。梁を設置する前に、屋根の点検も行っておくといいかもしれません。なぜなら、湿気があったりすると、せっかくの美しい梁が台無しになってしまううからです。作業を始める前に、プロの意見をもらう方がいいでしょう。正しい道具がそろっていれば、作業時間も短縮できますので、短時間で梁の設置を済ませる事ができます。梁は、天井にあったサイズでなければなりませんし、どこに設置するか、きちんと採寸される必要があります。この作業に必要になる道具と材料は、下に書き出します。

  1. 木工用カッター
  2. 金づち
  3. 継ぎ目用の釘
  4. 木工用のつや出し
  5. はしご
  6. 巻尺
  7. 発泡成形
  8. 合成石工
  9. ペンキ用の刷毛

模造の梁の利点

環境にもあなたの健康にも優しい素材を使う事が大切です。天井の梁は、常に人の注意をひきますし、通常の木の梁よりも模造の物が選ばれるのは、この理由からです。模造の梁は、部屋を暖かい雰囲気に仕上げます。別の利点としては、天井にある小さなもの、たとえばワイヤーなどを隠す事ができる事です。一般的に顔料が入った発泡成形が模造の梁に使われる事が多く、こんの成形のおかげで本物に近い外観を作り出すことができます。模造の梁は、本物の木の梁よりも安価に設置する事ができます。もし、何らかの事故があったとしても、その下にいる人を傷つけるリスクは低いです。これも、発泡成形によるものです。

作り方:

  1. 模造の梁を作るのはとてもシンプルで、カッターを使ってU字に切り出します。
  2. 1インチくらいの厚さを保ちます。
  3. サイズを 8” x 10” x 20’ に保ちます。
  4. 接着剤や鉄の釘を使って長方形を作ります。
  5. 取り付けが完了してからつやだしを塗ります。

設置の仕方

  1. 簡単に設置するために、天井を採寸します。
  2. その後、寸法に合わせて発泡型を接着剤で付けます。
  3. もし、端に余分な分があれば、切り落とします。
  4. その後、合成石工を塗ります。梁の見える部分には全て塗るようにします。この作業により、木材のような外観を作り出します。
  5. 梁が乾くまで待ちます。大体1時間で完全に乾きます。
  6. 最後に、梁の端を覆います。接着剤がしっかりと付くまで支えるようにします。接着剤が乾いたら、支えをはずします。
  7. 完全に固定する場合には、釘を使います。

活用

模造の梁は住居だけでなく、オフィス、レストラン、農場の家屋などにも最適です。ですので、もし、小さな店やビルを持っているようでしたら、天井の梁の美しさが多くの人の目を惹く事になります。このような使い方は、レストランなどでは一般的に使われており、オフィスにも取り付けたいと希望する方も多いです。偽物の梁ですが、本物の木材よりも安いですし、見た目は本物の木そっくりです。自宅に美しさを加える梁の一つです。本物の木を使わずに梁を設置するというのが、様々な面で最適なアイデアだと言えます。

 

Today's Top Articles:

You may also like