Home Uncategorized ジェイソン・ディアキーノの紙マッチを再利用した芸術

ジェイソン・ディアキーノの紙マッチを再利用した芸術

by admin

芸術好きな人は、本当の芸術家というのは、様々な表現方法や面に制作できるものだというものだと言うでしょう。ほとんどの芸術家がキャンバスか彫刻材料だけで制作する一方で、小さなミニチュアサイズのもので制作し芸術に新しい定義をもたらしています。このような技術は、小さな物に縮小して作品を作る事だけで注目されるのではなく、小さくなっても細部にまで拘り作成する事により着目されています。今日のミニチュアアート界で名を馳せているのがジェイソン・ディ・アキーノです。紙マッチのような小さな面や、ノートや広告サイズの物を媒体として制作し、驚くほど細かい肖像画や政治性や映画界のテーマを描き出します。

Incredible Miniature Drawings on Matchbook Covers

彼の最新の紙マッチの作品は“Phillanmeny―紙マッチの収集”と言うタイトルで、ロサンゼルスにあるラ・ルッツ・デ・ヘズースギャラリーに展示されています。そこを訪れる方は、小さな面に描枯れた絵が、どれくらい複雑に描かれているかを垣間見る事が出来ます。彼のいくつかの作品は、2.5センチ四方に描かれています。また、18世紀の上質皮紙のような珍しい物にも制作します。彼は珍しい作品の媒体探しにはh余念がなく、地球のあらゆる所から見つけ出してきます。

ディ・アキーノは、ニューヨークタイムスやガリバーマガジンのような雑誌にも制作します。作品を完成させるために虫めがねを使います。私たちが最も魅力的に感じるのは、紙マッチのようにリサイクルされた物に制作する事です。政治性のテーマの作品のほかに、ヒッチコックやマリリン・モンローのような人物を描くことも好んでいるようです。

彼がリサイクル品で制作する事により、その素材の歴史を垣間見る事が出来ます。小さな町のバーやレストランの宣伝が書かれた紙マッチの作品は、そこに居たら人生はどのような物になっていたのか、だれがこの紙マッチを持っていたのかなどの妄想を抱かせます。

ディ・アキーノは、ニューヨーク州バッファローにある彼のタトゥースタジオで制作しており、そのスタジオを閉めて、再利用して作品を作る為の材料を 探します。

 

抜粋: ラッフィングスクイッド

Today's Top Articles:

You may also like