環境に優しい断熱材

環境に優しい原料を使って家を断熱・防音し、外部の音や天候から守られた安全で心地よい家の人気が、日ごとに高まっています。ブローイン(吹きつけ)断熱は壁や家の外壁の隙間や裂け目を緩い詰め物で覆って室内の熱効率を高め、すきま風を防ぎます。

Eco-friendly blow in insulation

ブローイン断熱材にはたくさんの塗布方法がありますが、最も一般的なのは屋根裏を覆う方法です。この断熱方法に使われる材料は圧縮されており、望ましい密度(R値)になるよう機械をつかって吹き付けると、ふわふわの状態に膨らみます。二酸化炭素排出量が少なく、電気料金も低くすることができて環境に優しい断熱材を使って、静かな住環境の実現をお考えなら、以下をお読みください。

1.エアロゲル ブローイン断熱材

aerogel blow in insulation

エアロゲルは軽量で乾燥しており、優れた断熱特性を持っています。エアロゲルには様々な種類がありますが、どれも熱伝達や空気の流れを起こしません。大規模なビルや広い場所で断熱材として多く使われています。エアロゲルは大変高価なものですが、優れたブローイン断熱材であることは間違いありません。

2.セルロース・ブローイン断熱材

cellulose blow in insulation

ブローイン断熱材として恐らくもっとも良く知られているのがセルロースです。完全に環境に優しいセルロースは、再生された紙やヘンプ、藁やおがくずといった植物性のものから作られます。条件に合わせて、以下をはじめとする多くの種類の中から選ぶことができます。安定化セルロースなど、様々な種類のセルロース断熱材は、吹き付け作業においてごく少量の水しか使いません。低粉塵セルロースは、断熱効果・防音効果の他にもハウスダストのない家を目的として、一定量のオイルとともに塗布されます。ドライ・セルロースは隙間や割れ目、穴などに吹き付けられるため、ルース・フィル(緩い詰め物)と呼ばれます。またウエット・スプレー・セルロースもブローイン断熱材として幅広く使われています。安価で耐火性があるセルロースは、素晴らしい断熱材と言えます。

 

3.グラスファイバー・ブローイン断熱材

fibreglass blow in insulation

最も安価で最も効果的で環境に優しい断熱材として、専門家たちはグラスファイバーのブローイン断熱材を推奨しています。ガラスの粉末や欠片、きめ細かいシリコン織物から作られるグラスファイバーは、屋外から室内への熱伝達を抑え、対流熱損失を大幅に減らします。引火性がなく軽量で、容易に膨らむグラスファイバーは、安全なブローイン断熱材です。

グラスファイバーの取扱いには注意が必要です。微細なガラス粒子が、一定期間を過ぎると空気中に舞い始め、深刻な健康被害を引き起こします。また室内が湿りカビの原因となるため、グラスファイバーのパネルをビニールシートで覆ってはいけません。

4.ストローベイル・ブローイン断熱材

straw bale blow in insulation

straw bale blow in insulation

予測できない天候や外部の音から家を守るために、ストローベイルが完璧な断熱材・防音材であることは研究からも、歴史的に見ても明らかです。農業廃棄物である藁には毒性がなく、隙間に空気が入らないほどしっかりと圧縮してしっくいでつなげられたベイルには耐火性があります。安価で入手が容易なストローベイルは完璧なブローイン断熱材です。

5.ポリウレタンフォーム・ブローイン断熱材

ポリウレタンフォームはブローイン断熱材として評価が高まってきています。耐火性で軽量のポリウレタンフォームは、フロンガスを含まず、すでに激減しているオゾン層の破壊を減少させる効果があります。液体スプレーフォームやラミネート加工された断熱パネルなど、条件と予算に合うものを選びましょう。上述の中で、隙間にも吹き付けることができ、容易に定着するポリウレタンのスプレーフォームの断熱材がベストです。蒸気を通し、柔軟性にも富んでいます。

6.ミネラルウール・ブローイン断熱材

ミネラルウールも環境に優しい断熱材です。ミネラルという言葉は、グラスファイバー、スラグウール(鉱滓綿)、玄武岩ウールといった様々な断熱材に関連しています。スラグウールとロックウール(岩綿)ウールには耐火性がありませんが、他の耐火性のある素材とミックスされると、安価で良い断熱材になります。特に広い空間に適しています。

環境に優しいブローイン断熱材には、デニム製品の製造過程で出る切れ端から作られた、リサイクルデニムもあります。この素材に断熱処理を施せば、良い断熱材になります。ホウ素で処理した廃棄ウールも環境に優しい断熱材として使用されます。

Today's Top Articles:

Scroll to Top